スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
♪六甲オルゴールミュージアム?♪


皆さんこんにちは!

前回ご紹介したオルゴールミュージアム
内で、ただいま開催中の
館15周年記念 夏の特別展
「宮沢賢治の音楽世界-風景とオルゴール-」

をご紹介します



【†】+*゜⌒゜*+【†】+*゜⌒゜*+【†】

宮沢賢治は文章を書くだけでなく、
音楽に興味を持ち、蓄音機でSPレコードを多く聴いたり、
オルガンやチェロを自ら演奏していました。
それらは作品にも影響を与えるだけでなく、賢治自身も
「星めぐりの歌」ほか数曲を作詞作曲しています。
また、詩集『春と修羅』に収録されている
「風景とオルゴール」という作品からは、当時まだ
日本では珍しかったオルゴールに
興味があったことが伺えます

【†】+*゜⌒゜*+【†】+*゜⌒゜*+【†】

賢治直筆の原稿が(複写です)

賢治ってこんな字を書いていたんですねー



゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*
ミュージアムの内装で気になったのは照明
どれもアンティークでほんとに素敵なんです

゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*


また、賢治が愛用し、賢治の教え子たちも使っていた
宮沢家に伝わるヴァイオリンが展示されていました

宮沢家から特別に貸し出ししていただいてるそう


これはなかなか貴重!ということで
ショーケースの前にはカメラを向ける人であふれる一面も。


2階に上がってすぐ右に
出入り自由なこんな小部屋が用意されていました
賢治のお部屋??


本棚には絵本や楽譜などがぎっしり。

ソファにすわり、テーブルに用意された賢治の本を楽しめます。
おもむろにミニサイズのオルゴールが!

これは回さないはずがありません

くるくるるくるくるくる・・・♪

美しいオルゴールの音色が聴こえてきます
た〜のしっ
トロイメライ♪
オルゴールの音色ってなんて穏やかで心を鎮めてくれる音なんでしょうね♪


゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*

ここで、博物館内にある
キャメロン特選おすすめスペースをご紹介

シュトラウス・カフェ

オルゴールの音色と、アンティーク家具に囲まれた
贅沢〜なカフェ。
窓の外の緑あふれる景色がなんとも美しい!
ね〜っ緑いっぱいでしょ〜
ここが山の中だと、思い出させてくれます

テラス席

こんな素敵なところでお食事!
絶対気持ちいいですよね とにかく自然に癒されます
【†】+*゜⌒゜*+【†】+*゜⌒゜*+【†】

こちらはミュージアムショップ
オルゴール専門店です
中にはジブリシリーズやベイビー向けなど
オルゴールがい〜〜〜〜っぱい

あれもこれもと欲しくなります
一点づつ手にとって視聴できる素敵スペース

゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*゜*+■□□■+*

自分のオリジナルオルゴール作ってみたいという方は!
体験工房
オルゴール作りに参加することも出来るんです


選べる曲もこんなにたくさんの中から♪


【†】+*゜⌒゜*+【†】+*゜⌒゜*+【†】
とっても はなまるなミュージアムでした

宮沢賢治の特別展示は今月31日までですよ
ぜひ行ってみてくださいね


ここにもまだ元気なアジサイが

by キャメロン

スポンサーサイト
[2009/08/15 14:15 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<神戸ビエンナーレ☆表示板 | ホーム | 鳴尾浜臨海公園>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/999-8ea11ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。