スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
仁川百合町地すべり資料館?

こんにちわ

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

今日は関西学院大学から
歩いて20分ほどのところにありました
地すべり資料館
をご紹介

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

大自然です
歩いていくと看板発見

さらにここから下っていきます
すると

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

発見

仁川百合野町地区
地すべり資料館

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣
阪神・淡路大震災によって発生した土砂災害で
最も大きな被害が出たのがちょうど
この地すべり資料館が建つ
仁川百合野地区だったそうです
♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣
地すべりの規模は
幅約100m、長さ約100mで
深さ15m、移動土塊は約10万m3
に達し
崩壊土砂は、二級河川仁川を埋塞するとともに
家屋13戸を押しつぶし、34名の人命を奪いました

こうした経験をふまえ
土砂災害についてたくさんの人に知ってもらう目的で
建てられたのがこの地すべり資料館なのです

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣
まずは2F
♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

こちらのパネルは
地すべりがあったこの仁川百合野町の
航空写真です

震災前・後共にパネル展示されています
地面がそのままごっそり滑り落ちていました

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

こちらは
仁川百合野町地区
対策工施工写真


土砂災害が二度と起こらないよう行われた
対策工事について紹介されていました

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

こちらは
工事された箇所を説明してくれる
大きなジオラマです

ボタンを押すと説明の音声が流れます
分かりやすい

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

仁川百合野町地すべり記念館は
海外の大学生も勉強しに来る施設だそうで

地震大国の日本における
対策工事の技術の高さを学びに来るんだとか

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

この模型は
地すべりが起きた場所に設置された
地下水を取り除くパイプとタンクです

細いパイプには無数の穴が開けられ
その穴から地下水を吸収
そしてタンクに運ばれる仕組みとなっているそうです

♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥

地下水をなるべく取り除くのは
地下に溜まった地下水がきっかけとなり
地すべりが起きるのを防ぐためだそうですよ

♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣

サテ今日はこの辺で
次回も地すべり資料館
続きます

 ♣♬♥ ♠ ♣♬♥ ♠ ♣♬♥
お楽しみに



written by tanpopo.

スポンサーサイト
[2009/08/08 12:16 ] | 阪神 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<北山緑化植物園 | ホーム | 〜Kobe Swing of Light〜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/992-705533bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。