スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
歌碑のみち?

こんにちは
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
今日もタンポポは歌碑のみちブログを更新!
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
前回の様子
歌碑のみちブログ?
歌碑のみちブログ?
歌碑のみちブログ?
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
前回言っていたとおりに
歌碑3兄弟からご紹介いたします

以前紹介した旧西国街道まで降りてきました
旧西国街道ブログ
きれいにお手入れされた花壇がたくさん
いろんなお花が咲いています

この近くにいました!
歌碑3兄弟

手前から

澄覚法親王
承久元年(1219)〜正応二年(1289)

ぬのひきのたき見てけふの日は暮れぬ
一夜やとかせみねのささ竹
布引のたきつせかけて灘波津や
梅か香おくる春の浦風

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

加藤枝直
元禄五年(1692)〜天明五年(1785)

雲かすみたてぬきにして山姫の りてせる布引のたき
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

小沢蘆庵
享保八年(1723)〜享保元年(1801)

主なしと誰かいひけむおりたちて きて見る人の布引のたき
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
この歌碑3兄弟がいたところは

ちょっとした広場になっていました
シートを敷いてお弁当食べている方もいらっしゃいましたよ
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
さて大きな交差点を渡り
今度は海に向かって右側の生田川沿いを
check!

大きなイチョウの木がありました

広場があって何か変わったモニュメントが…

賀川豊彦生誕100年記念碑
と書かれています

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
この碑は、神戸の生んだ世界的な社会運動家
賀川豊彦の生誕100年を記念して建てられました
碑の全体は、人々が憩う家を表していますが
神殿のような厳かな雰囲気をしっかりと守っています
屋根はクロスして十字架を表現しています
また鳥が大空に向かって飛翔する姿でもあります
そして屋根には、賀川豊彦生誕時の星座が穿ってあり
宇宙の時間と空間を表しています
彼の理想が永遠に宇宙のかなたまで広がっていって
ほしいという願いが込められています
屋根の下にある四角い梁は
完成された世界を表現しています
これをみんな(4本)で支えています
しかしよく見ると1本1本の柱が違っており
支えていない柱もあります
これは力の強い人も、ハンディを持った人もみんなで
社会を支えていこうという意味です

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
と書かれていました


その隣に早速発見

鈴木重嶺
文代二年(1814)〜明治三十一年(1898)

くりかえし見てこそ行かめ山姫の とる手ひまなき滝の白糸
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
少し歩くとこんな健康器具が

足のつぼを刺激してくれそうです
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

立派なトイレもありました

ここの遊具はなんだか機械的でかっこいいです

そして広場の最後に発見

加茂真淵
元禄十年(1697)〜明和六年(1769)

布引の滝のたきつ瀬音にきく 山のいはほを今日見つるかも
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
今日もたくさん紹介しました
実は次回で歌碑ブログ最終回です
是非見てくださいね〜
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
タンポポ

スポンサーサイト
[2008/11/25 16:06 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<第524回読者の報道写真コンテスト | ホーム | *☆・・・光の回廊・・・*☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/738-21cf1021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。