スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
菊花展覧会@相楽園

今日ご紹介するのは

相楽園で開催中の

第57回神戸菊花展

間口が4間(720?)の総合花壇をはじめ、
大菊花壇、盆栽花壇など15の部門に、鉢数にして
約2,500鉢の菊が展示されています。


園内が菊で埋め尽くされ、美しく彩られていました

まさに"菊日和"

菊花壇がずっと先まで続いていてキレイです。
さ〜!通るぜ!!


大菊の勢ぞろい


菊の種類を順番にご紹介してゆきましょう

大菊(厚物・厚走り)
京都を中心に近畿地方に発達した大菊は、
重弁で弁数が多く、満開に達すると花弁が盛り上がり、
厚走り種は周囲の花弁が管状で四方に放出した後は
大菊の中で一番雄大で見ごたえがあります。


キャメロンの手と比べてみてください
ひとつひとつがこんなに大きい!
モリモリしています


純白の菊
本当に美しくってため息ものでした



管物花壇(糸菊)
大菊と同じ京都を中心に発達した菊で
見所は放射状にぴんと伸びた花弁と
その先端が玉巻き状になっているつつましさ。


花びらの先っちょがくるんっと丸まっているのがカワイイ

一文字菊
一重咲きの大輪菊。
花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊です。


こんな種類の菊もあるんですね
ボリュームがあるんですけど、品があります

木添え作り
枯れ樹で盆栽作りの様な樹形を作り、
小菊で裏側から添わしてあたかも樹木に
菊が咲いたかのように仕上げた作品。


こちらも満開で見ごたえたっぷり

まぶしそうな目で写真を収めている方がたくさん


嵯峨菊
古来京都嵯峨地方だけに栽培された中輪菊で、
花弁は切り昆布のような平弁です。
一鉢に三本植えて段差が着くように育て、
下から7,5,3輪となるように花数を整えて
咲かす伝統的な仕立て方をします。




千輪作り
1本の苗を何回も摘芯をくり返して枝数をふやして
半球形になるように花を並べて咲かせる仕立て方。


まるで孔雀

一文字菊
大菊の普通栽培より、一ヶ月遅れの6月上旬に
挿し芽をして育て、草丈を
短くして仕上げる作り方で、大菊に
劣らない大輪の花が咲くのが魅力。




クキの長さが短くなっただけで
こんなに可愛らしく。

  

菊の育て方を細かく教えてくれる
パネル展示がありました。
時間と手間をかけてこそ
あんなに美しい菊ができあがるのかと納得

 

最後に芝生広場にやって来ました

芝生公園では、菊を見ながら
お茶と和菓子を楽しめました
 
贅沢!!

先日の2日(日)には
作品審査が行われ、優秀な作品に対し国土交通大臣賞など
五つの大臣賞を始め、神戸市長賞、兵庫県知事賞、神戸菊花協会長賞、
マスコミ各社からの賞等が授与されたそう!



この時期、お城や公園や神社でさまざまな
菊花展が開催されていますが
相楽園の菊花展、ぜひオススメしたいと思います

ひとつずつ丹誠込めて咲かせた
見事な菊は一見の価値ありです

by 
キャメロン

スポンサーサイト
[2008/11/04 15:33 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
<<兵庫県立人と自然の博物館:後編 | ホーム | みのりの祭典>>
コメント
けんじ(盆栽)さんへ

コメントありがとうございます
ブログを見てくださって嬉しいです。

盆栽、いいですね
今年の菊花展覧会ももう始まっています・・・
夜のライトアップもきれいだそうですよ、
けんじさんもぜひ出かけてみてくださいね
[2009/11/04 12:21] | URL | キャメロン #79D/WHSg [ 編集 ] | page top

いつも楽しい情報ありがとうございます。
私は盆栽をはじめたいなー
[2009/11/02 09:23] | URL | けんじ(盆栽) #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/717-31f1268d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。