スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ハイキング 甲山 神呪寺 西宮 後編

 



今回は秋ということで自然豊かな西宮の魅力を伝えるため


仁川から甲山までハイキングをしてきました。今回は後編です。


  


 甲山森林公園には、甲山の美しさを讃えた漢学者頼山陽作の胄山歌があります。


約200年前、京都に住んだ頼山陽が、親を見舞って広島へ下る旅の途中、


山翠の美しい甲山を仰ぎ見て、その心境を詩ったものだそうです


冑山昨送我、
冑山今迎吾。
黙數山陽十往返、
山翠依然我白鬚。
故鄕有親更衰老、
明年當復下此道。


そんな美しい甲山登山にチャレンジ!! 


甲山へ上るには今回は、西宮市立甲山自然環境センター横から登ります。


 


ここ、甲山自然環境センターには、甲山自然の家、甲山自然学習館、


甲山キャンプ場、社家郷山キャンプ場の4つの施設があります。


自然環境に囲まれつつ自然に学び、自然と親しむ体験ができます。


センターHP http://kabuto.leaf.or.jp/


その入り口横に登山口があります。


ここから30分ほど登ります


 


ここは自然道です。道なき道を・・


ちょっと不安になってきました・・


  


こんな道を20分くらい歩くと道が整備されてきました。



ちょっと登るとこんなものが・・



ここに、頼朝之塚とかいてあります。


頼朝というと、鎌倉幕府の初代将軍源頼朝公でしょうか・・?


これに関しては調べたもののわかりませんでした



そしてさらに登る登る!ひたすら階段です。


木々が茂っているのでそこまで景色もわかりません。


この最後の階段が一番つらかったです。


そして、やっと頂上!


  


やっと登ったのですが、頂上は広場のようになっています。


鬼ごっこには最適?


木々に囲まれているので全く景色を見渡すことはできません。



平和塔がありました!平和への祈りを込めて・・


あと、こんな看板が・・



青銅器がここで発見され西宮指定重要文化財となっているようです。


帰りは、神呪寺経由で帰ります。


帰りの道は徒歩10分で降りれますし景色も楽しめました


 


こちらからと登り降りる方がいいかもしれません。


その際は、お寺の右端の道からどうぞ!


 


また、お寺の名前が神呪寺(かんのうじ)といってとっても恐ろしい名前なんですが、


実はそうではありません


「神呪」というのは、「仏の真の言葉」という意味があるようで、とてもありがたい名前だそうです。


また、ここからの景色が最高なんです。神呪寺には展望台が用意されています。



ここからの眺めがこちらです。



ここからの夜景も最高なんだとか・・!


ベンチもあってゆっくりできますよー


そして・・・神呪寺はなかなかスゴいお寺なんです。



ここには、国や西宮指定の重要文化財が6つもあります・・!!!



さらに、ここでは四国八十八ヶ所巡りではなく、甲山八十八ヶ所巡りが体験できます。


・・みなさんご存知でしたか?


今では交通機関が充実し四国までの距離も近くなりましたが、


昔は四国までの交通手段は船しかなく一般庶民にとっては


お遍路さんまでの道のりは遠いものだったそうです。


そこで、だれでも四国巡礼を体験できるように1798年


 四国八十八ヶ所の各札所の砂を持ち帰りそれらを神呪寺南部に敷いて


 甲山八十八ヶ所が建立されたそうです。


全行程2、5キロほどでハイキングにもってこいです。


 


ちなみに上の写真が、 甲山八十八ヶ所目になります


地図は神呪寺でいただけるようですよ!


神呪寺HP:http://www.ne.jp/asahi/kabutoyama/kanno-ji/


私も次回チャレンジしてみたいと思いました


 


神呪寺に行くには、長い階段を登る必要があるので頑張ってください!


 


みなさんもお出かけしてみてください


 ねこでした。



三宮 イベントスペース 無料 三ノ宮 神戸 兵庫 ミント神戸 PR 地域活性 観光地


 

スポンサーサイト
[2012/10/26 12:12 ] | 阪神 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/2141-76bdfcbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。