スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
多田銀山 青木間歩へ行ってきました! 猪名川 

黄金伝説の郷 山 へ行ってきました!


 多田銀銅山は、猪名川町銀山を中心に、


箕面、宝塚、川西、能勢の東西20kmにもわたる鉱山地帯です。


※間歩とは、鉱山などにおいて採掘のため掘られた穴のことです


 


多田銀銅山の歴史は古く、奈良時代、東大寺の大仏建立の為


銅を献上したと伝えられています。


 


また、多田銀山には豊臣秀吉埋蔵金伝説があります。


秀吉が晩年、豊臣家の将来を案じて多数の囚人を使い


短期間に21箇所に文才埋蔵させ、


終了時には口封じの為に関係者を抹消したという話です


その額なんと4億5千両といわれています。


現在の金額に直すとそれは約200兆円!


まさに銀山は黄金伝説の郷なのです・・。


(多田銀山城跡保存顕彰会冊子 参考)


 


阪急能勢電鉄を利用して日生中央下車


そちらから阪急バスで「銀山口」下車です。



降りるとすぐに多田銀銅山悠久の館への看板があります。



多田銀銅山悠久の館とは、多田銀銅山の歴史資料館です。



バス下車後20分歩いて資料館へ到着します。


ここからまた15分歩程歩きます。



風情のある道を歩きます。


金山彦神社の前を通り過ぎます。


鉱山の神様です。


 


そこから5分ほど歩くと青木間歩へ到着!!!


昭和38年に日本鉱業が開坑した間歩です。機械で掘ってあり前兆52m。


見学時間は、9時~17時までになっています。



ちょうど私160センチが頭をぶつけずに入れる大きさです。


入ると右手には、ヘルメットがあります!左手には注意書きがあります。



安全のためにかぶりましょう。


入ると中はこのようになっています。



間歩の中は季節問わず常に17度程度で少し寒く感じました。


とても湿気ておりモヤがかかっています。


中には、電灯が灯っていますがとても暗いです。



突き当たりまでの道とそこから右にそれる道がありました。


しかし私ここでギブアップです。


怖くてこれ以上前に進めませんでした。本当にすみません・・・


天井の一部には青色の鉱脈を見ることもできるようです。


(※懐中電灯を持っていくとよいと思います。)



青木間歩の隣の道を登っていくと、手堀の旧坑跡も見ることができます。



整備された見学ができる青木間歩を今回は紹介しましたが、他にも


瓢箪間歩


秀吉時代の代表できな間歩。


秀吉が馬にまたがったまま入坑したと伝えられています。


台所間歩


秀吉の時代、大阪城の財政を賄うほどの銀や銅の出鉱したとのこと。


など見ることができます。



いろいろな見所がある多田銀山ですが、


観光ボランティアガイドを申込をすれば実施して頂けるようです。


ご利用してみてはいかがでしょうか?


 


きっと私もガイドさんがいれば奥まで入れたことでしょう!


是非多田銀山探索にお出かけしてみてくださいね


ねこでした。


三宮 イベントスペース 無料 三ノ宮 神戸 兵庫 ミント神戸 PR 地域活性 観光地

スポンサーサイト
[2012/09/08 16:38 ] | 但馬・丹波 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/2092-71fddb5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。