スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
日本一の線香の町 淡路島

お線香の生産量日本一の淡路島一宮町に行ってきました。

淡路島の西海岸にある一宮町に入ると、たくさんのお線香の工場があり、

どこからともなくいい香りが漂っています。

神戸薫寿堂さんの工場を見学させていただきました。

観光バスで、たくさんの方が来られていました。



線香作りには、まず原料と香料を調合し、温水を加えて、
混練室で機械で練り玉を作ります。
まだやわらかいです~。



練り上がった原材料を、成型機に仕込みそうめん状に押し出します。


綺麗に並んで出てきました~




銘柄に応じてサイズに切り揃えられていきます。




次々とカットされて流れていきます~。




切り揃えられたお香は、湿度管理された乾燥室で
約24時間乾燥します。


乾燥したお香は、1本1本ていねいにチェックされ、


銘柄に応じては箱に詰められていきます。



お線香の原料はタブノキ
クスノキ科の常緑高木で
別名「イヌグス」ともいわれるそうです。
この木の樹皮を粉にし、お香やお線香の基材
つなぎとして
利用されています。


香木 白檀(ビャクダン)
インドやインドネシアで多く産出される
ビャクダン科の半寄生常緑高木。



香木 沈香(ジンコウ)

ベトナムやインドネシア、インドで産出される
ジンチョウゲ科の常緑高木。



香木中の香木 伽羅(キャラ)
沈香の一種で、その最上品が「伽羅」として考えられ、
非常に貴重なもので、高価なものです。


またまた、お香作りました。
お線香の工場なので、お線香らしい細長い線香を作るのかと
思っていたら、またまたぺったんこのお香でした。

今度はピンクで、ハートの沈丁花の香りのお香を作りました。





一宮には、香りの公園があり、四季折々のハーブや、
芳香樹木が植えられています。
http://www.eonet.ne.jp/~kaori-park/sisetsu.html

お線香の香りに癒されて・・・

by 店長
tentyou.png

三宮 イベントスペース 無料 三ノ宮 神戸 兵庫 ミント神戸 PR 地域活性 観光地

スポンサーサイト
[2012/09/04 13:32 ] | 淡路 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/2087-d355afc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。