スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
家島のお魚を扱う播磨海洋牧場さん《播磨》
姫路市白浜町にある、家島周辺のお魚を扱う播磨海洋牧場さんを訪問しました。blog_import_4fef13a12cf2e.gif
IMG_2362.jpg
播磨海洋牧場さんは家島の魚を扱う漁師さんから直接仕入れ、販売・加工を行っています。
家島周辺は播磨灘と呼ばれ、豊富な海の幸の宝庫であり、日本でもトップレベルの魚が取れる場所です。blog_import_4fef159c3619e.png

IMG_2372.jpg

お魚たちは網で引き上げられた瞬間からものすごいストレスがかかっているのだそうです。
播磨海洋牧場(はりかい)さんでは、いったん活け越しをし、お魚のストレスをとってあげるのだそうです。
落ち着きを取り戻したお魚は、活〆、血抜き、神経抜きをすることで、お魚本来のおいしさを
最大限に発揮するそうです。
向井社長のお話を伺っていると、お魚がとてもていねいに、とても大切に扱われていることが
伝わってきます。blog_import_4fef161b49f53.gif

IMG_2374.jpg
海の生物博士~な社長 向井 昭博さん。

大学時代から甲殻類や、海洋生物の研究に携わり、ふじつぼやクラゲの生態などの研究、海水域の水質、
生物調査などにも力を注がれ、地球環境にも貢献されています。blog_import_4fef1387b5d2c.gif
IMG_2376.jpg
ふじつぼの赤ちゃんたち~。blog_import_4fef14fedbe1f.gif

向井社長の研究の映像はNHKの番組『ダーウィンが来た!』にも映像提供されているとか。blog_import_4fef1634558b6.gif

今は、殻がむきにくいガザミ(ワタリガニ)を人工的に脱皮させるという、
やわらかなカニの商品化に力を注がれています。blog_import_4fef1393d2008.gif

播磨灘・家島ブランドを浸透させて家島の活性化につながると良いですね。

瀬戸内の天然魚 はりかい

by 店長tentyou.png

スポンサーサイト
[2012/07/04 16:20 ] | 播磨 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/2007-72eabc8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。