スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
“天空の白鷺”その壱

こんにちは スミレです

昭和の大修理
から約半世紀…
ただいま
姫路城では、
大規模改修工事
“平成の大修理”が行われています

    
このたび、そんなお城に
天空の白鷺
OPENしました

大天守をすっぽり覆う
素屋根の内部から、
修理のようすを見学できる施設です。

    

さっそく行ってみましょう

入口はこっち


まずは、エレベーターを使って
最上階の8

上昇

修理中のお城が見えてきました!
ドキドキ

あっという間に
到着

海抜100m展望窓から、
姫路周辺の景色を眺めてみましょう

キレイやなぁ

    
13
階建てビル相当の大きさ
を誇る
天空の白鷺
一体どのようにして建てられたのでしょうか?
    

まずはこちらのモニターを


「天空の白鷺が誕生するまで」


大天守へ資材を運ぶための
構台工事
(2009年11月〜2010年4月)
天候に左右されない環境を作るための
素屋根工事
(2010年4月〜2011年3月)
のようすを記録した映像です


姫路城の高さは約46m。
これをすっぽり覆う素屋根
高さは約53m総重量は6000トン


骨組みを建てた後、
メッシュシートパネル
1枚ずつ丁寧に取り付けていきます。


パネルに描かれた線画は、
高さ34m 幅34.5mと世界最大級


こうして、世界初大天守修理見学施設
天空の白鷺が誕生しました


「ほ〜なるほど すごいなぁ」
みなさんモニターにくぎづけ



    
8では、お城の最上層
屋根修理のようすを見学できます
    

…とその前に、
屋根について、ちょっとお勉強


こちら、屋根瓦の模型


姫路城の屋根には

平瓦 丸瓦
などなど

9種類ものが使われています

な、なんですと
素人のスミレには、違いがわかりません…


姫路城屋根修理は、
をすべて葺き直します。

の傷み具合を1枚ずつ確認し、
使えるものは再利用するんですって


昭和の大修理では、
築城時の3480を再利用しました。


築城時の姿を次世代へ引き継ぐために、
いろんな工夫が施されているんですね!
古くから伝わるの技を学ぶことができました



    
さて
そろそろ実物の屋根修理のようすを
見学してみましょうか
    
これだ

で、でかっ

今春から本格的に始まった工事。
五重の解体が行われていました。

の解体・破損調査の完了には、
6~8ヶ月間かかるそうです!
気が遠くなるわ〜

間近で見る修理のようすに、
みなさん感嘆の声をあげてました


      
天空の白鷺には、
まだまだ見ドコロ盛りだくさん

あさってのブログでは、
7
壁面修理のようすをお届けします!
      
お楽しみに


by
 
スミレ

スポンサーサイト
[2011/05/31 16:45 ] | 播磨 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ラベンダーパーク多可 | ホーム | バラ公園in本山街園>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1647-3f57fe7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。