スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
モトコーARTtrain+後編

モトコーARtrain+後編
前編に引き続き作品のご紹介です。
前編コチラ



5丁目の作品
ボクの高架下物語
(1965年あたりからの元町高架下で経験した物語)
涌嶋克己

和紙で、思い出語りのようなお話が
描かれています。
当時の日常市井の様子の描写に
微笑まずにはいられません

「おっちゃん、これなんぼ?」
・・・って今、こんな会話はあまり耳に
しないような気がします



6丁目
春の場所
松井コーヘー

中央の天井から下がっている白い帯
のつらなり

周囲には相撲さん の絵がズラリ。
春場所がなくなったから、だからとか・・・。

電車が通ったりする振動で、がゆらめきます。
そして、その下にある絵のお相撲さんの表情
しずくで日々変化していく・・・
そういった作品なのだそう。



7丁目
祈りの言葉2011.3<場と私>  神戸モトコー
内藤絹子

壁に和紙が貼り付けられ、そこには人の影のような
ものや落書きのような言葉
「地元の人たちとの対話」から感じとった瞬間が
描かれているのだそう。
 
建物のに紙をあて、をとって作られた作品。



そして、2丁目に戻ってきました。
目、耳、鼻の疲れにガラクタミン
岡本和喜・水垣尚

身の回りのいろーんなものが
あちこちにくっついたり、組み合わされたり・・・。


龍風のシルエットが壁に映しだされています。



どうやら、掃除機入れ歯 を
組み合わせたらこのシルエットが出現したもよう。



石灰画
早川季良

石炭・石炭の灰・焼ズリ等を素材に作品を
制作されているのだそうです●◆▼
大きくて、迫力がありました。

この作品の前では昨日、19日には
オープニングパフォーマンス いのり prayer
が開かれていました。



高架上には本物の列車
高架下にはARTの列車
元町高架下は、乗車待ち列ができるのも
OK ですね。

WebSite  モトコーARTtrain


こんな作品も展示してありました。

2丁目です。


BY 店長

スポンサーサイト
[2011/03/20 17:23 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<〜神戸からのメッセージ〜 | ホーム | 菜の花まつり2011♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1575-11e504bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。