スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
モトコーARTtrain+前編

 


312から元町高架下で始まったイベント
始発列車
モトコー ARTtrain
会期:312日〜27



早速、行ってきました。

主催は元町高架下(モトコー)
にぎわいづくりプロジェクト

実行委員会

神戸ビエンナーレ2011きらKira
(春〜秋特列車)
[共催事業]
つながるのだそう。



元町高架通商店街空き店舗空間
芸術作品変身・・・ということで
その場で、いったい何が待っているのか
予想もつきません。



私が、最初に遭遇したのは
2丁目の作品

高架下の庭
國府 理

その室内には天井から下がる照明と
床には どり の円
その円の色にはがあります。

照明器具からは、時間になるとが吹き出し
そのが舞い降りる場所が濡れて
色が濃くなっているのだそう

そして、その床の どり からは・・・。

小さな小さな
これは、シロツメクサ
霧として散布される水分と光で、日々成長していく庭なのです。



次は3丁目

壁を通り抜ける going through the wall
森田 麻祐子


 
壁に、可愛らしい女の子のイラストパネルと
洋服が掛けてあります

そのパネル上を女の子が通っています・・・
プロジェクターでアニメーションが映し出されているのです。

絵の中から自由にお散歩を楽しんでいるかのよう



4丁目の作品は・・・
Spaceless Spaces(Sculptural Breath)
国谷 隆志

真っ暗な室内に浮かびあがる赤いネオン
全く違う世界に入り込んだようです。


まだ、まだあります・・・。
それは、次回 後編




BY 店長




スポンサーサイト
[2011/03/18 17:30 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<菜の花まつり2011♪ | ホーム | 少女の像>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1573-72cc35d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。