スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
『生』オブジェ〜阪急電車から〜


右手に見えますのは宝塚大劇場

武庫川中州に
巨大な『という漢字の
石積みオブジェが現れました

阪急今津線沿線を舞台にした
作家・有川浩さん【宝塚市在住】の小説
「阪急電車」の冒頭、二人の男女の会話に出てくる
のオブジェを地元民が再現したんだそう!

===================


阪急今津線
宝塚ー宝塚南口
の車内から見れるとのことで

早速阪急に乗って
どんなもんか!をチェック


車内から見える

一瞬ですので
見逃さないでくださいよ

キターッ

ガタンゴトン ガタンゴトン



通過中 通過中

わかりましたか?の文字


こちらがわかりやすいかな

確かに少し面長のの字が見えましたね

===================


宝塚市の現代美術家、大野良平さんが
阪神大震災から10年目の20051月に
『再生』の意をこめて
制作されましたが
2006年に増水で消滅してしまいました


*しかし*

小説が映画化されるにあたり、
町の活性化を願い、
大野さんの発案で市とタイアップして
また復活させようと言う声が上がり
今年11月末から市民や学生さんを
巻き込んでの制作が始まり
見事に再現されたのです
===================

できたてほやほややん

真ん中にぽっかり浮かぶ

大きさは縦約20m、横約15m
河原の石が約40cm
の高さに積み上げられています・・・


もっと近くで見たくなって
川の土手まで降りてみることに

土手につながる石階段を降りる・・

武庫川

犬のお散歩している人もいましたよ

近くで見ると、ビックサーイズ

大人数とはいえ
時間を要する大変な作業だったでしょうね

オリジナル作品は『再生』の根底にある
『生きる』力を表現されたかったのだそう

オブジェは1月16日午後6時から
ライトアップされる予定
阪急今津線ご利用の方は
ぜひ車内からのぞいてみてください

暗闇の中で浮かび上がる灯火
きっときれいでしょうね

by キャメロン
===================

宝塚大橋からもゆっくり眺められます

スポンサーサイト
[2010/12/30 13:00 ] | 阪神 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<◆◇年末のごあいさつ◇◆ | ホーム | 夕暮れの月若公園>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1497-0b88482e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。