スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
西宮船坂ビエンナーレ2010*前編

急に寒くなり、雨がしとしと降り始めた日では
ありましたが、行ってきました!

◇ ◇◇◇
里山ART

西宮船坂ビエンナーレ2010
2010.10/10〜11/14
◇ ◇◇◇

船坂小学校
閉校をきっかけに、この地から
未来のため、アートの力を信じて
人々が集い、新しい輪を生み広げていく・・・
という活動が始まりました。
その歩みの一歩が 西宮船坂ビエンナーレ

昨年は「西宮船坂ビエンナーレ2009−プロローグー」として
開催されていました。

船坂橋バス停 横

さくら夙川駅から、さくらやまなみバスに揺られて
30ちょっと。山間の地が会場です。

んっ?! 
あの向こうの方に見えるのは作品とおぼしき物体
後で行ってみよう・・・とまずは案内表示を辿りました。


手描きです



ちょこちょこと目に止まるように立てられた
親切な表示の向こうに見える建物の
カラフルな屋根は・・・
作品!

Ban-Soko House〜再生〜
西村 正徳(兵庫・三田)
遠目に見ただけなのにワクワクします



さて、案内に沿って竹林の中を進みます。

坂道を下ると・・・

ぼくの学校 わたしの学校
みんなの学校
 船坂小学校
という看板

校庭が目の前に広がりました。
その遠くには山の連なる風景があります


こちらの旧船坂小学校の校舎の教室に
作品が展示してあるとのこと


 小ぶりな校舎
かつては、急なこの坂を児童たちは登り、校舎へ駆けて行っていたのです。

137年の歴史ある木造校舎です。
入ったとたんに、なにやら懐かしい
学校独特の香りが漂ってきました。


階段は木製で、踏んだ感触が柔らかい・・・。

壁面に地図は、いかにも学校らしいです。

校長室理科室。
理科室は、入ったとたんに遠い昔の実験授業を思い出す
薬品の匂いが鼻を刺激しました


校長室には歴代の校長先生の肖像写真。


やや低めの天井は
元気な足音や先生・生徒を呼び合う声を
包み込んでいたことでしょうね




長い年月を経た校舎と共に懐かしい時代を
堪能した後は展示作品のご紹介・・・ですが

それは、次回 後編





BY 店長

スポンサーサイト
[2010/11/03 15:51 ] | 阪神 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<NTTイベント☆デジカメ講座 | ホーム | ★素盞鳴神社(甲子園神社)★>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1440-20d60c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。