スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
そうめんの里?そうめん資料館2

前回、素麺のできあがるまでの
過程を楽しんだキャメはんでした
前回のブログ



ところで
そうめんはいつ日本にやってきたのでしょう

この疑問には
こちらの展示パネルが答えてくれます


日本のそうめんの歴史をさかのぼると・・・・
さく ぺい 
  索 餅 

というものにたどりつきます
           

          
遣唐使が中国から伝えた
こちらがそうめんの原型だといわれているんだど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
遣唐使たちは、たくさんの文物を
から持ち帰っています。
優れた工芸品や香料・薬品・儒教・仏教など、
遣唐使船は文字通り宝の船でした
その中で、石臼・醤油・味噌・納豆・ごま油などと
ともに 
索餅も伝わったと考えられています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
それから

中世になると、そうめんは寺院の
間食(点心‐てんしん‐)として広がりました


今のそうめんと作り方もほとんど変わらなかったよう

こちらが当時の献立などをもとに再現された点心
そうめん椀・だし椀(味噌味が多かった)
 ・梅干し ・からし・こしょう
 

が盛り付けられています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この頃の文献にはよくそうめんが登場しますが
舞台は寺院や宮中の宴会などで、
まだ庶民が気軽に食べられるものではなかったようです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから

近世になって、ようやくそうめんは庶民のものとなり、
江戸文化の影響を受けて広がりました

様々な文献からはそうめん
楽しむ庶民の姿がうかがえます

  鯛めん 
兵庫県龍野地方では、
結婚式の祝宴の最後に鯛めんを出しますよ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほか、気になる展示がいっぱーーい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

揖保乃糸には
小麦粉の質や原材料や麺の細さ、
製造時期
などの違いによって
いくつかの等級があるって知っていましたか?



揖保乃糸の中で
歴史のあるそうめん
全体のおよそ80%を占めて
いる主力商品
私達が普段よく目にするのがコレでしょう

対するは・・・↓

手延素麺揖保乃糸最高級品

上質の原料小麦粉使用し、組合が選抜指定した
熟練した製造者にしか作れないため、
製造量は「揖保の糸」全体のごくわずかなんだそう
味比べしたいですね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

揖保乃糸
兵庫県認証食品にも認定されています
じゃーーーん

兵庫県認証食品は、兵庫県産の農林水産物と、
これらを主原料として製造された加工食品を兵庫県
審査・認証したもの
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あらためて、
揖保乃糸
ってすごいんですね・・・


資料館、たのしかったですねー
そうめんブログはいよいよ次回最終回です


by 
キャメロン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
[2010/10/13 12:14 ] | 播磨 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<ROKKO MEETS ART「芸術散歩2010」#? | ホーム | ROKKO MEETS ART「芸術散歩2010」#? >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1419-d15041ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。