スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
□■曽根神社■□

山陽電車「曽根」駅に到着

そねといえば・・・・・
曽根天満宮HPはこちら
兵庫県高砂市にある天満宮でっせ


駅をでて〜どっちかなと
探しあぐねている
キャメはん
「神社はこの道をまっすぐ」と教えてくれたのは
たこ焼きをほおばる女子高校生二人組
ええ子らやな〜


この道をまっすぐ行くと
右手に小学校
さらにその先に神社が見えてきました


それにしても、このお天気、すばらしいなぁ

なんか人影が!工事現場のおっちゃんが、休憩中でした
あ〜びっくりした


さて この広〜い神社
ぐるりと徘徊していきましょう

曽根天満宮
は、学問の神様・菅原道真公を祀る神社。
菅原道真公が九州に流される途中、
曽根天満宮西方の日笠山の小松を植え
(霊松「曽根の松」)、四男淳茂公が、
こののそばに父を祀ったのが
神社のはじまりといわれています

肝心の「曽根の松」キャメはん見逃してしまったみたい・・・くふぅ

道真にまつわる牛も もちろんご奉公
なぜに牛??!!


道真が描かれた絵馬もかわいいですね
新作だそうです


◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•
 
それにしてもこの神社の広いこと広いこと!

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•
っちには・・

絵馬堂

明治7年建造だそう
中にはさまざまな絵馬が奉納されていました

高砂市 指定文化財に認定

っちには・・

神社
古くより商業の発達していた曽根町では
商売繁昌の神として
戒神社をお祀りしていたんだそう

っちには・・

塩釜神社
塩田が早くから開けていた曽根では、
製塩業が盛んでした
そのため
塩田の神様として祀ったのが塩釜神社です


塩釜神社の横に小林一茶の句碑を発見
この句碑は、一茶が天満宮に
参拝したことを記念して建てられたんですって

「散り松葉 昔ながらの掃除番」
一茶もこの地を訪れたとは、感慨深いですね

∵最後にハトに大人気だったエリアをご紹介∵


池〜こころいけ〜

上から見ると、心の字になっているそう
高砂市 指定文化財に認定

にかかる
は 享保8年(1723)に造られたんですって。
唐草模様の透かし彫りの装飾がおしゃれですね
◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦
それにしても。
見ごたえたっぷりの神社でした。

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦
こちらの天満宮は
あの鎌田商店からも近いですよ
ぜひチェックしてみてください

byキャメはん

スポンサーサイト
[2010/09/07 12:11 ] | 播磨 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
<<上坂部西公園 | ホーム | ○●2010海上保安庁展●○>>
コメント
コメントありがとうございます

なにちょこバナナさんの地元ですか
もし知ってたら神社行った帰りに
突撃晩御飯したのに

高砂~のんびりした空気が流れてて
いいところですね。
最近、遠出取材がお気に入り
これからも意外?な場所を
紹介していきたいと思うので
またブログのぞいてみてくださいね
[2010/09/10 12:17] | URL | キャメロン #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
なに!
超地元なんすけど!
知らないんですけど!

びっくりしました。。。

自分のふがいなさ。。。

そかぁ。こんなとこあったんですねぇ。
高砂に。。。

高砂といえば、石の町。

それしか浮かばない私って。。。

というか、遠いとこまでいってらっしゃることに、驚き

ちょこ
[2010/09/09 18:51] | URL | ちょこばなな #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1383-973a82ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。