スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
彫刻家の道具◆竹中大工道具館

久しぶりに竹中大工道具館さんに
お邪魔しました。
前回はコチラ→
2007.8.19


フレッツ@メディアスタジオの定例上映
「ひょうごミュージアムディズ」
その中で竹中大工道具館さんも、ご紹介して
きておりますが、今月その内容が更新されました。

########################################

そして、興味をそそられたのが
テーマ展示
彫刻家 関野聖雲(せきの・せいうん)の道具




彫刻家として、教育者として明治以降の
木彫文化の礎を築いた方なのだそう。
彫刻家の中でも道具好きとして、知られている
この方の道具の数々が展示されています。
########################################
彫刻作品の繊細な曲線や、細かな装飾など
人の手の器用さもさることながら
道具は、どのような種類があるのか
関心がありました。


予想以上に多い種類

彫刻刀叩鑿(たたきのみ)それぞれの刃の角度や
大きさの違いは、威厳すら漂っているよう。
手と一体になって、粛々と仕事をする道具。

########################################

これは、いったい」と思った道具のひとつがコレです

「小鉋(こがんな)とプレートにあります。
とっても小さく長い柄

どのような使い方をされていたのでしょうね。
想像が膨らみます。

########################################


ひょうたんのような形をした
焼印が入っていました。


道具を知り、その道具からなる制作過程を
思うと、作品の観かたが更に深くなる
ように思いました。

この展示は9月26日まで行われているそうです。
########################################

また開館25周年記念巡回展として
棟梁〜堂宮大工の世界〜 という
企画があるとのこと。

東京・札幌・名古屋で予定され
もちろん神戸竹中大工道具館さんでも
展示されるそうです。

詳しくはコチラ

是非この機会に、普段は目に触れることの
ない大工道具の世界
ご覧になってはいかがでしょうか。



########################################


BY 店長

スポンサーサイト
[2010/04/14 11:28 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<トリイくん@青少年科学館 | ホーム | 姫路城夜桜会*花あかり*>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1238-df79caae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。