スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
丹波への旅?ミオール館@丹波お菓子の里

お菓子の里本館(前回のブログ)
の次に訪れた先は

本館を出て、テクテク歩くと
ほら!見えてきました



オシャレな洋館
ミオール館
できた当初は、ウィーン館と呼ばれていました

この建物、なんと
神戸の旧垂水署を移築改装した、
大正初期の洋館で 
歴史的価値も高いんだそう


当時の垂水署をご存知の方が訪れて
「なつかしいわ〜」と言う声を聞くのもしばしばだそう

警察署にしてはずいぶん豪華すぎやしませんか・・・
なんでも、個人の邸宅を
当時の垂水警察が購入(借用?)したんだそうです


横からの図

豪勢なエントランスの図

中に入ると
ぱぁぁぁぁ



クラッシック音楽が流れていて、なんとも優雅〜
カフェになっていて、ミオール特製のケーキがいただけます


館内を見学させてもらうことに


 
館内のあちこちに美しいステンドグラスが

窓からは森と湖が見えます

天気のいい日は最高だろうな
2階にも行ってみました

階段手すり横の模様に釘付けになりました。


2階は大きなコンサートホール。
まるで、披露宴会場。


実際ここで結婚式披露宴をされる方も多いのだとか
音楽機材もあるので、ちょっとした演奏会にもピッタリですね





コチラの家具、1830年ごろの英国製、
その他の家具は19世紀後半の英国製らしいです

そんなにも昔使われていたものが
今も状態良くあるのです


アンティークなシャンデリア

この館すべてがアンティークそのもの
北野異人館の一角にありそうな建物でした。
さて次回は、ミオール館内にある、
世界のティーカップミュージアムをご案内します

.,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:
.,:*:,..,:*:,..,:*:,..,:*:
by 
キャメロン

スポンサーサイト
[2010/02/23 12:18 ] | 但馬・丹波 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<第539回 読者の報道写真コンテスト | ホーム | 堀江オルゴール博物館その?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1188-a383dd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。