スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
「震災15年 未来に伝えたいー安全・安心に暮らすために」

この16日・17日は震災15年目を迎える催しが
フレッツ@メディアスタジオを含めあちこちで
開かれています。

昨日のスタッフブログ

○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

私は今朝、JR神戸駅前地下街
デュオドームへ行ってきました。
「震災15年 未来に伝えたいー安全・安心に暮らすために
という展示イベント

阪神・淡路大震災を見つめ直し
命の大切さや防災を伝えようと、いくつかのコーナーに
分けられて展示がされていました。


○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎


こちらは、震災後1週間の被災地の様子の写真展示。
震災15年「神戸新聞カメラマンの証言」
その数1000枚。

皆さん、静かに見つめていらっしゃいます・・・。

○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎
そして、こちらにもメッセージボードがありました
フレッツ@メディアスタジオと同じ用紙

それぞれに想いを綴られています

○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

フレッツ@メディアスタジオでも配布している
 「神戸新聞の100日」ダイジェスト版掲示のコーナーや      

 
守る・備えるとして「備蓄食品の展示」のコーナーも
ありました。

○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

こちらは学ぶというコーナー
「震災直後の市民の張り紙やビラなどの展示」
  
必要な情報・提供したい情報として
手書きやコピーをコピーしたもの、など
作成した人の気持ちが痛いほど伝わる張り紙が
展示してありました。
  



電車の振り替え輸送の案内
○●◎○●◎○●◎


地震一週間後の時点で営業している浴場
知らせるチラシ
灘区・中央区・兵庫区・・・
料金や時間が書かれ、中には無料としてあるところも。
○●◎○●◎○●◎


こちらは、被災地支援の自衛隊駐屯テントに向けて
民家の窓に張られた支援お礼のメッセージ
「がんばります」とお返しのメッセージ
テントに張られ、そのやりとりが撮影されている写真。

○●◎○●◎○●◎
になります。
シロウトのボク達ですけどできることなら
何でもします!というチラシ。
話相手でも肩たたきでも・・・と・・・。


○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

こういった張り紙やビラが保管されて
いたことに感心しつつ
15年前の現実のひとこまを改めて思いました。

○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

言葉で伝えられること、言葉に出来ない思い、
それは人の数だけあり
それを心に抱きながらすごす1月17日。
今日は、
胸が思いでいっぱいになっています。

フレッツ@メディアスタジオのメッセージボードもいっぱいになってきました。




○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎○●◎

BY 店長

スポンサーサイト
[2010/01/17 18:47 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<◆震災復興メモリアル2010◆新長田 | ホーム | 1995年1月17日神戸新聞が伝えたこと〜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1152-df471016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。