スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ひょうご再発見◆旧赤穂塩務局庁舎


あけましておめでとうございます。
新年をいかがお過ごしでしょうか?
気持ち新たに、2010年を迎えているフレッツ@メディアスタジオです。



さてさて、毎日フレッツ@メディアスタジオでは
時間を決めて、NHK神戸放送局制作の番組を
上映していますが、その番組の中から
今回は特別編として
ひょうご再発見 ー近代が残したものー』
上映しています
。(〜1月14日まで

この番組は、兵庫県内の近代化遺産(建造物、施設など)
紹介するシリーズで、神戸新聞の連載企画
映像化したものなのだそう。

■■■■■■
その中のひとつ
赤穂市の風景ですが・・・




この旧赤穂塩務局庁舎には見覚えがありました!

そう、昨年の冬に訪れたところだったのです

2008.2月28日 播州赤穂★歩きました・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■

神戸新聞社の記者さんが、この建物について語って
いらっしゃいます。
神戸新聞 Web News

明治時代に施行された塩専売法に伴って、日本各地の
塩産地に塩務局庁舎が建てられ
赤穂市にも立派な庁舎が建設されました。
■■■■■■■■■■■■■■■■

「塩の国」赤穂市らしい豪華さで、当時の西洋風建築と
和の様式が混ざり、庁舎らしい威厳を
湛えているような気がします。

 西側には方形(ほうぎょう)造りという屋根。
中央から東側にかけては、切妻(きりづま)造り屋根。

 玄関は、アーチ型のひさしで、細やかな
細工がされた扉や柱があります。

時間を遡ったような気分で、眺めたことを思い出しました。

当時の人も、この装飾には
目を凝らしたのではないでしょうか?

今は、赤穂市立民俗資料館となっている館内。

江戸時代から戦前までの、多種多様な生活雑貨や
祭祀用具、美術工芸品など市民から寄贈された
ものなどが展示してあります

建物内の上を見上げると、そこにもさりげなく
当時の心意気が偲ばれる建築の
優美がありました

時代を物語る建物ですね


■■■■■■■■■■■■■■■■

ひょうご再発見 ー近代が残したものー
他に
日本毛織印南工場(加古川市)
旧海崎医院(朝来市)

上映しています。
是非、見にいらしてください


BY 店長

スポンサーサイト
[2010/01/03 11:34 ] | f@m情報 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
<<たつのにゆく?龍野うすくち醤油資料館 | ホーム | 年始のごあいさつ>>
コメント
ナオピコさん、またまたコメントを
ありがとうございます
赤穂には、ステキなところがいっぱい
あります。是非、ドライブお出掛けを
してみてください
[2010/01/05 15:43] | URL | 店長 #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
赤穂と言えば、忠臣蔵しか知りませんでしたが、風情のある建物ですね!
また、赤穂まで足を伸ばしてみたくなりました
[2010/01/03 13:57] | URL | ナオピコ #79D/WHSg [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1138-b80cb53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。