スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
近松記念館
        
        。。。。。。。。。。

    前回の近松公園ご紹介に続き、今回は
         近松記念館です。 

      スタッフブログ
近松公園

        。。。。。。。。。。

       。。。。。。。。。。

近松門左衛門250年忌を記念して、1975年
建てられた白い建物には、木の陰が斜めに入り
冬の晴天のささやかなぬくもりが感じられるような
気がします。
        。。。。。。。。。。

        。。。。。。。。。。

   そして、前庭には近松門左衛門の銅像。
       
           思いのほか、恰幅のよいお姿。
          もう少し華奢なお方を想像していました。
             ◆◆◆◆◆◆
     
       。。。。。。。。。。

資料室のケース内には、近松門左衛門ゆかりの
資料や品々が陳列されています。
 
近松門左衛門は、次々と「作文」をし「作品」を世に
送り出して、50年間で浄瑠璃や歌舞伎の脚本を
約150編も書かれたそうです。

            

歴史上の物語から題材をとったものや、市井で起きた
事件など、その様々な視点と創造は
東洋のシェイクス
ピア
と称されているとか
       

         文楽人形衣裳

      見台と写本『嫗山姥廓話
          (こもちやまんばくるわばなし)』
       
太夫が舞台で語るのに用いる写本を「床本」という
のだそう。その本を載せる台と床本です。

        。。。。。。。。。。

現代にも通じる人間の義理や人情、業や葛藤など
浄瑠璃や歌舞伎を通して描きだし、大衆の心を
掴んだ近松門左衛門の足跡を垣間見ることができる
近松記念館です。

今の時代に近松門左衛門さんがいらしたら、この
世の中をどのように描かれるのでしょうね。

        。。。。。。。。。。

葉が渋い色になってました。。。。。。。。。。。。

    
        お墓のある広済寺(こうさいじ)

BY 店長
スポンサーサイト
[2009/12/13 11:51 ] | 阪神 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<神戸サンタウォーク2009 | ホーム | 宍粟市PRイベント>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1118-38862958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。