スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
五色塚古墳?

こんにちは

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

今日は前回の続きとして
五色塚古墳をご紹介いたします

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

前回ブログ

古墳の上に登ってみると
またすごい人がたくさん集まっていました

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

そしてこの景色

明石海峡大橋が丸見えです

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

登ってきた階段はこんな感じ

高い

人だかりの向こう側がステージとなっていて
元気な音楽にあわせ
子供たちが踊っておりました

ステージでは
歌敷山中学校による吹奏楽から始まり
よさこいソーラン・エイサー・垂水音頭・和太鼓
などなど
盛りだくさんのプログラムが組まれていました

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

さらに上へ登っていきます

前方後円墳の
の部分へ

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

登ってみるとこの景色

一番向こう側がステージになっています
この階段からステージを見る方がちらほら
良く見えます


その向こうには
やっぱり海と明石海峡大橋が丸見え

絶景です

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

ステージでは和太鼓が始まりました


和太鼓の音楽に合わせ
景色を見渡してみると

埴輪…??

埴輪列の復元
五色塚古墳では
墳頂部・上段テラス・中段テラスの3段に
埴輪が並べられていました
いずれも10メートルに18本の割合でたてられており
古墳全体では
約2200本もの埴輪がめぐらされていたことになります
埴輪の大部分はヒレ付き筒埴輪で
数本に一本の割合で朝顔形埴輪がたてられていたと
かんがえられています
また蓋形埴輪や家形埴輪、盾形埴輪も
少量発見されています後円部墳頂の埴輪列は
出土した埴輪を基にしてヒレ付円筒埴輪と朝顔形埴輪を
合成樹脂で制作し、埴輪列を復元しました


*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*
と書いてありました

埴輪ってこんな形のものがあるのですね
タンポポ人の形のものしか知らなかったです

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

入り口のところを見てみると
最初に演奏していた吹奏楽の生徒さんたちが
せっせと身支度をしていました

お疲れ様です

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*

さて
五色塚古墳いかがだったでしょうか
三ノ宮からこんなに近いところに
古墳があるなんて
皆さんも是非行ってみてくださいね〜

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:*


written by tanpopo.

スポンサーサイト
[2009/09/17 15:04 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
<<「光の力で元気に」★ニュースKOBE発映像 | ホーム | 神戸よさこいまつり〜舞子編〜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://fletsmediastudio.blog.fc2.com/tb.php/1031-d28127ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。