スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
グリコピア神戸?

みんな大好きお菓子ネタです今日は!
江崎グリコの記念博物館

グリコピア神戸
に行ってきました。 (グリコピア神戸HP)

 
::::::::::::::::::::::::::::::

ここは江崎グリコの創業者江崎利一が提唱した
「食べることと遊ぶことは子供の二大天職である」
という考えを推し進め、
工場と企業ミュージアムが合体した
ユニークな見学施設として1988年に開館しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・


着くなり、いちごポッキーの甘い匂いがふわふわと
建物から漂ってきました
たまりません


中に入ると
とってもかわいい素敵な
コンパニオンガールが出迎えてくれます

『ようこそグリコピア神戸へ!!!』

巨大ポッキーがかわいい

本物のお菓子が入っています

まずはオリエンテーションホールという大きな広場で

カカオがチョコレートになっていく過程のムービーをしっかりみて
肩慣らしオーケー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は
予約時間より早めに着いてしまったキャメロンに
案内係のお姉さんが用意してくれていたのが


グリコの昔のCM特集
百恵ちゃんとトモカズのツーショット。貴重な映像です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、いよいよ見学start
案内係のお姉さんについていきましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは1階
グリコの歩み・広告の歴史コーナー


創業時から現在までをまとめた年表があり。


創始者の江崎利一の銅像があり。

彼のスローガンがたくさん紹介されていました

アタマは使うが心痛はしない
これと決めたら、キュッキュッとやり抜け!
息がくさくなるまで考えよ!

など、時代を感じさせないユニークなものがたくさん


グリコといえばコレ


大阪のシンボルにもなっている道頓堀のネオン看板
実物サイズの10分の1らしいです。
これでもだいぶ大きい



そしてグリコキャラメル

1931(昭和6年)製の
『発生映写装置つき自動販売機』がありました。
 
コインを入れると白黒のムービーが一定時間流れ
終わると
お菓子がコロンと出てきます

この機械のすごいところ・・・もうひとつキャラメルを買うと
さっきのムービーの続きが見れる
当時は行列ができるほど人気だったそうですが
今の時代でもウケそう!!


さて、次回からは他のフロアをご紹介しますね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by 
キャメロン

スポンサーサイト
[2008/11/14 12:31 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。