スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
さぁさ♪タワーレコードインストアライブ

  

昨日の土曜日、タワーレコードインストアライブ
フレッツメディアスタジオで行われました。
今回は久し振りの女性アーティストさぁささんです。

さぁさ Oficial Web Site

小柄で可愛らしい女性です。
アコースティックギター1本のシンガーソングライター
として活躍中。オリジナル楽曲は100曲を超えている
そうです。

      ・・・・・・・・・・・・

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤のギターが、彼女のキュートな雰囲気と合ってます。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ・・・・・・・・・・・・


唄う声は、甘く爽やか私は彼女の歌声を聴きながら
例えるなら、パステルカラーのシャーベットのような音楽
・・・とイメージしてましたね


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      次々と観客者が増えていきます。
      小柄な彼女は全く見えず・・・
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       ・・・・・・・・・・・・

   かわいいですねそして明るさいっぱい
             
    ライブ中心で活躍しているだけあって
さぁささんは、MCや盛り上げ方がお上手でした
             
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       「手拍子してくださいね
  はいはいと皆さんのってくださってます
       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
       
       ・・・・・・・・・・・・
     最後は、CD購入者へのサイン会

    待ち列が、エレベーターの方まで出来ていました
        
       ・・・・・・・・・・・・

さぁさというお名前は、インスピレーション的な
発想で、言葉の意味などは特別ないのだそう
「さぁ、これから!」とかそのようなことかなぁ・・・と思って
いたのですが、全く思いつきのネーミングみたいです。
とってもチャーミングな笑顔でお話をしてくださいました。


久し振りに女性の華やかな歌声が響いた、週末の
フレッツメディアスタジオでした

BY 店長

スポンサーサイト
[2008/11/30 12:00 ] | f@m情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
磯上公園

こんにちは
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*

今日は三ノ宮駅から徒歩7分くらいのところにある
磯上公園をご紹介します

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*
ポートライナー沿いを南へ下っていくと

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇
緑いっぱいのこんな公園があります


*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*
予約が必要らしいのですが
なかでは大学生らしい人々がサッカーをしていました

サークル?
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚
オフィス街にある公園ですが
楽しそうな
若い人たちの声が飛び交っていますよ

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*
その隣に

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚
テニスコートがちらっと見えたんですが
ここは入れない様子


*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.
中では聴きなれない言葉とともに
はしゃいでいる親子がいました

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*
ぐるっと回ってみると

白いオシャレな建物がありました

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*

KOBE REGATTA & ATHLETIC CLUB

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*
と書かれていて

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.

調べてみると
国際交流・スポーツの振興を目的として明治3年
設立され、サッカーをはじめクリケット、レガッタ、テニスなど
西洋発祥の多くのスポーツを神戸だけでなく
日本全国に広める役割を果たしてきたクラブ施設だそうで
設立者はなんとスコットランド人の
アレキサンダー・キャメロン・シムさんで科学者
薬剤師でもあったシムさんはラムネの発明者としても
知られているそうです!
神戸で初めてサッカーが行われた
東遊園地の南端には彼の功績をたたえた
あるそうですよ

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o

そしてなんとレストランも有り
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇
KOBE REGATTA & ATHLETIC CLUB
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇
と検索するとレストランに行った方のブログが
たーくさんひっかかります
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*

ここは会員専用の施設ですが
火曜日から金曜日のランチタイムに限り
非会員もレストランを利用することができるそうですよ

*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*
詳しくは
こちら
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.
国際交流のスポーツクラブとして長い歴史をもつ
このクラブで神戸らしい魅力を感じつつ
お食事するのもいいですね

お勧めです
*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o.+゚*◇*゚+.o
タンポポ

[2008/11/29 11:28 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
☆ミント神戸のクリスマスディスプレイ☆

みなさんこんにちは

光の回廊の点灯日にあわせて
ミント神戸もクリスマスディスプレイに一新しました!!
館内がとっても可愛く華やいでいますよーー
さっそくご覧あれ



 * * *  * * *  

2階吹き出しスペースです
超特大SNOWがキラキラ舞っています。
去年とくらべてみましょう

 * * *  * * *  


 
きらきらや〜


 * * *  * * *  

 * * *  * * *  

今回のポスターはこちら
 
ステンドグラスをバックにふたりの人物
を抱えているシーン  教会を思い出させる 
この画は、聖なるクリスマスにぴったり


こんな画が似合うのもおしゃれなミント神戸ならではw


なんと、お客様用エレベーターも


柱も

ここも(どこ?)
装飾されていて、とっても豪華
その他、地下一階のM−kitchenの入り口などなど
館内至るところでこのポスターが使われています!
探してみてくださいね



▲7階の飲食フロアではミニツリーを発見
数秒ごとに色がくるくる変わってとってもカワイイ。


極めつけはやっぱりこれ
 
▲2階デッキの巨大ツリー
神戸中心部での屋外型としては最大級の、
高さ11mのクリスマスツリーです。



外に出ても電飾がとってもまぶしいミント神戸
ぜひ遊びに来てくださいね〜


by キャメロン

[2008/11/28 15:02 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
歌碑のみち?

こんにちは

今日も歌碑ブログ更新です
残すところあと2つの歌碑ですが
もう海が目の前です

歌碑ブログ?
歌碑ブログ?
歌碑ブログ?
歌碑ブログ?



生田川沿いの海に一番近い広場です
もうHAT神戸ですね


ちぎり絵のようなものがズラっと並び
その向い側に早速


藤原公実
天喜元年(1053)〜嘉承二年(1107)平安朝歌人

世と共にこや山姫の晒すなる 白玉われぬ布引のたき


広場中央にはビオトープ
どんな生き物が見れるのかという看板がありました

「公園のなかまたち」


公園の中にはお魚をモチーフにした遊具

そして最後の歌碑
ビオトープの前にありました

源雅実
康平二年(1059)〜大治二年(1127)平安朝歌人

たちかへり生田の森の幾度も 見るとも飽かし布引の滝


この広場はHATゆめ公園って言うんですね

お手入れが行き届いた素晴らしい花壇

ここから三宮を目指して帰ろうとしたとき
なんだか大きな鉄の塊が地面から出ていました

これは


この公園は昔、川崎製鉄があった場所で
当時使われていた「フライホイール」という
機械の一部をモニュメントとして公園の外からも見えるこの
場所へ飾っているそうです


HAT神戸の木々は赤く色づいていました

 

歌碑ブログ
長かったですけどいかがだったでしょうか??
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
こんなにも布引の滝が歌われているなんて
歩いて一つ一つ見ていくとすごい数でした
誰が見ても素晴らしい滝で
幾人もの心を奪っていったのですね

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
皆さんも是非歌碑のみち
お散歩がてら見てみてください
タンポポ

[2008/11/27 12:17 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
第524回読者の報道写真コンテスト

    
           ∴∴∴∴∴∴∴∴
本日から、今月の読者の報道写真コンテストー第524回ー
が始まりました。
【11月26日〜12月2日】
神戸新聞Web News 読者の報道写真コンテスト


入賞された作品10点のうち、6点までが神社などで撮影
されたお祭りに関係する写真です。
今日は、その作品をご紹介
  
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ


「フィナーレ」  五百蔵二朗(小野市)



いかにもフィナーレらしい迫力が伝わってくる写真。
1192年(今から816年前!)に創建されたという
小野市の鍬渓(くわたに)神社で撮影された
そうです。
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

「雄叫び」 佐伯 豊(明石市)      

こちらは、高砂市の曽根天満宮
灘祭りと並んで有名な、勇壮で華麗な播州秋祭り
うちのひとつなのだそう。
力を込めた一瞬がという色で、さらに迫力を増して
いるような気がします。
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

「竹割り神事」 山口 明(明石市) 

こちらも曽根天満宮
竹が細かく割れるまで、歌囃子の中地面に打ち付け
られる神事。白い手袋と、放射状になった縄と回りの
男性と遠巻きに見る人々。臨場感溢れる写真です。
実際の様子を見てみたくなりました
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

「同志の輝き」 水野 大輔(姫路市)


姫路市の魚吹八幡神社
播磨地方では、氏子数が最も多いのだとか。
ずらーっと並んだ法被と豪華な神輿が確かに輝いて
いますね。
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

「あばれ提灯」 大和 啓子(神戸市垂水区)

こちらも魚吹八幡神社
魚吹の提灯祭りとも呼ばれているそうです。
竹竿の先に提灯をつけて激しくぶつけ合う、その
瞬間なのですね。
 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ


「こそばゆーいーよ」 安田悦啓(神戸市北区)

こども歌舞伎の準備中。緊張はあるのでしょうが
晴れの舞台を迎える華やぎが溢れているようです。

 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

お祭りの写真は、季節や歴史、人のエネルギーなど
多くのことを考え、感じさせてもらえて良いですね。
この次のお祭り写真は春祭り


是非、大画面で見るお祭り風景を多くの人に楽しんで
もらいたいです。
どうぞ、お立ち寄りくださーい

BY 店長

 ФФФФФФФ∴∴∴∴∴∴∴∴ФФФФФФФ

[2008/11/26 11:13 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
歌碑のみち?

こんにちは
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
今日もタンポポは歌碑のみちブログを更新!
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
前回の様子
歌碑のみちブログ?
歌碑のみちブログ?
歌碑のみちブログ?
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
前回言っていたとおりに
歌碑3兄弟からご紹介いたします

以前紹介した旧西国街道まで降りてきました
旧西国街道ブログ
きれいにお手入れされた花壇がたくさん
いろんなお花が咲いています

この近くにいました!
歌碑3兄弟

手前から

澄覚法親王
承久元年(1219)〜正応二年(1289)

ぬのひきのたき見てけふの日は暮れぬ
一夜やとかせみねのささ竹
布引のたきつせかけて灘波津や
梅か香おくる春の浦風

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

加藤枝直
元禄五年(1692)〜天明五年(1785)

雲かすみたてぬきにして山姫の りてせる布引のたき
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

小沢蘆庵
享保八年(1723)〜享保元年(1801)

主なしと誰かいひけむおりたちて きて見る人の布引のたき
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
この歌碑3兄弟がいたところは

ちょっとした広場になっていました
シートを敷いてお弁当食べている方もいらっしゃいましたよ
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
さて大きな交差点を渡り
今度は海に向かって右側の生田川沿いを
check!

大きなイチョウの木がありました

広場があって何か変わったモニュメントが…

賀川豊彦生誕100年記念碑
と書かれています

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
この碑は、神戸の生んだ世界的な社会運動家
賀川豊彦の生誕100年を記念して建てられました
碑の全体は、人々が憩う家を表していますが
神殿のような厳かな雰囲気をしっかりと守っています
屋根はクロスして十字架を表現しています
また鳥が大空に向かって飛翔する姿でもあります
そして屋根には、賀川豊彦生誕時の星座が穿ってあり
宇宙の時間と空間を表しています
彼の理想が永遠に宇宙のかなたまで広がっていって
ほしいという願いが込められています
屋根の下にある四角い梁は
完成された世界を表現しています
これをみんな(4本)で支えています
しかしよく見ると1本1本の柱が違っており
支えていない柱もあります
これは力の強い人も、ハンディを持った人もみんなで
社会を支えていこうという意味です

◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
と書かれていました


その隣に早速発見

鈴木重嶺
文代二年(1814)〜明治三十一年(1898)

くりかえし見てこそ行かめ山姫の とる手ひまなき滝の白糸
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
少し歩くとこんな健康器具が

足のつぼを刺激してくれそうです
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆

立派なトイレもありました

ここの遊具はなんだか機械的でかっこいいです

そして広場の最後に発見

加茂真淵
元禄十年(1697)〜明和六年(1769)

布引の滝のたきつ瀬音にきく 山のいはほを今日見つるかも
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
今日もたくさん紹介しました
実は次回で歌碑ブログ最終回です
是非見てくださいね〜
◆◆◆◇◇◇◆◆◆◇◇◇◆◆◆
タンポポ

[2008/11/25 16:06 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
*☆・・・光の回廊・・・*☆

今年から神戸に
新たな冬の風物詩が加わりました。

神戸・JR三ノ宮駅南側のビル2階を結ぶ
歩行者用デッキ(総延長約1キロ)を
20万個の発光ダイオード(LED)を使った
“光の回廊”がお目見え!!

その名も
『神戸ライトメッセージin2008
エコ・エンジェル

神戸ルミナリエに合わせ、駅周辺の賑わいを
生み出そうと、
ミント神などの商業施設や
鉄道会社など13社でつくる実行委員会が企画


兵庫県の「まちのにぎわいづくり一括助成事業にも認定されました。

22日の点灯式をみてきました


神戸新聞Webニュース

三ノ宮駅南の旧噴水広場には
点灯の瞬間を拝もうと、すごい人が!

「今日22日、神戸に光のエンジェルが舞い降ります!!
この光を力に変えて神戸がますます
活気ある街になりますように!」
という挨拶のあと、

カウントダウンが始まりました
5!4!3!2!1!
点灯
  


大歓声と拍手が沸き起こりました
みなさん、「きれーい」と思わずため息


   
    


今年のテーマは「輪=リング」だそう。

  



キラキラですー

キラキラ

キラキラ

ヴィッセル神戸モーヴィー君
遊びに来ていました

ポートライナーの乗り口の前を通って

ミント神戸まで続いています。

これからここを通るだけで気分が上がりそう
キラキラ ヤッター!


ミント神戸9階からパチリ
上から見てもきれいです。

7,8階で食事をしながら
光の回廊を眺めるのも素敵ですね。

クリスマスモードもそろそろ全開の三ノ宮からでした

12月25日まで点灯していますよー




by キャメロン









[2008/11/24 11:56 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
もみじ鑑賞会*須磨離宮公園

 

須磨離宮公園「もみじ鑑賞会
行ってきました。
寒くなってきたとはいえ、快晴のもみじ日和です

この須磨離宮公園は、花と緑と水のオアシスという
だけあって、四季のお花が楽しめる広い公園です。
2月にはタンポポがを堪能してきました。

スタッフブログ 2月22日

そして、今回私が歩いた園路では、四季咲きのモダン
ローズ
がピンク色鮮やかに迎えてくれました。
          
 
            
              
                
      めざすは、植物園のもみじ
       
   隋道と表示されているトンネルを通ります。
   一説には、有事の避難路として建造された
          とも言われているそう。
「須磨離宮」建造当時から残っている古いトンネルです。
       
   トンネルの先を、ずんずん歩き植物園に入ると
  
じ  じ  
        
 まだ、紅葉はこれからが本番なのかもしれませんが
     一番手が、見る者を魅了してくれます。
 
  ∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽
       
      では、店長のもみじフォトアルバム
          しばしお楽しみください
        
               
 
               
        
        こんな風に道が作ってあります。
        
         もみじを上から見下ろしたり
          下から眺め上げたり・・・。
 
   和室ともみじは、本当にさまになりますね。
        
  一息いれて、洋風なアーチをくぐった先には広場。
 
  ここは文字通り広くて、遊具もあり、滝もあります。
  ∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽
       
      店長のもみじフォトアルバムその?
 
               
        
               
        
               
 
              
 

とにかく美しいの一言。
ご年輩の方が、立派なレンズのついたカメラで撮影を
されている姿が、あちこちに見られました。
そりゃ、そうですねこれだけ美しいと自分の記憶だけ
でなく、他の人にも見せたくなりますし、いつでも見る
ことができるように残したくもなりますね

  ∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽∝∽

 はるか向こうには、海を眺めることができます。空と海ともみじの色の
   コントラストが、時間の経過とともに変化するさまは味わい深そう

   

この3連休は20時まで開園していて
もみじのライトアップを楽しめるとのこと。
賑わいそうな須磨離宮公園です。

BY 店長

[2008/11/23 19:53 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
グリコピア神戸?最終回♪

寒い日が続きますね
そろそろ冬本番でしょうか
しっかり厚着して風邪には気をつけてくださいね


さて、今日はグリコピア神戸の最終回をお届けします
前回のブログ


2階・4階は工場見学の階になっています


ここではポッキーとプリッツ
製造工程を間近に見ることができます
原料の混合・成型から、仕上げ・包装までの生産ラインが
100mにわたって続いていました

残念ながらここは撮影禁止!だったので
みなさん、想像力をふくらましてみてください
うどんのように細く切られたプリッツの生地が
オーブンに入れられ、たった4分で焼きあがるさまを




さて工場見学の後は、また3階へ!

100名が集えるフリースペースがありました。
見学を終えたお客さんがぞろぞろ休憩中



そしてここには「グリコのおもちゃ」
約2600点が一堂に展示されていました!

すごい数ですーーー!!!!
おもちゃの歴史を振り返ってみましょう。
start !
昔のおもちゃ、とってもかわいいよ
     
オリジナルおもちゃ登場(昭和10年から17年)



紙のおもちゃ中心(昭和24年から27年)


ミニチュアコレクション中心(昭和28年〜32年)


プラスチック登場(昭和33年〜41年)


男の子用・女の子用おもちゃ(昭和42年〜48年)

大きくカラフルなおもちゃ(昭和49年から55年)
 

SF・メルヘンおもちゃ(昭和56年〜61年)


みんなのおもちゃ登場(昭和62年〜平成5年)
 

最近のおもちゃ(平成6年〜)
 
 ● ● ● ● ● ● ● ● ● 


最近は
こんなミニミニ絵本とかもあるみたいです
オマケも進化していってるんですね〜


続いて、
あの街この街ジャイアントシリーズ コーナー


ジャンボプリッツは定番の地方土産ですよね

そして・・・

海の向こうのジャイアントシリーズ
なんとプリッツは海外進出していたんですねーー!!


 中国・・・北京ダック  グアム・サイパン・・・ココナッツ

上海・・・上海蟹  カナダ・・・カナディアンメープルシロップ
ひ〜ん、どれもおいしそうです
海外に行くときは要Checkですよ!


お土産コーナーでは
グリコピア神戸
のロゴとキャラクターが
入ったオリジナルプリッツが購入できたり

オリジナルパッケージのビスコsetも発見!


大充実の内容で
こども以上に大人も楽しめてしまう
素敵なグリコピア神戸でした要予約

 ● ● ● ● ● ● ● ● ● 


by キャメロン

[2008/11/22 17:22 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
歌碑のみち?

こんにちは
:::::::::::::::::::::::::::::::::
今日も前回ご紹介しました
歌碑のみち
の続きをご紹介
:::::::::::::::::::::::::::::::::
歌碑のみちブログ?
歌碑のみちブログ?
:::::::::::::::::::::::::::::::::

ART CENTER KOBEからテクテクと歩いて
早速発見しました
:::::::::::::::::::::::::::::::::


高階為家
(生没年未詳)、平安朝歌人

水上は霧たちこめて見えねとも 音そ空なる布引のたき
:::::::::::::::::::::::::::::::::
なんとここまで歩いてくると外が暗くなってきました
結構歩いたな…

生田川公園

花街道とあってお手入れがとっても行き届いています

あっ!
生田川公園のプレートのそばにひっそりと発見
見逃すところでした
:::::::::::::::::::::::::::::::::

藤原輔親
天歴八年(954)〜長暦二年(1038)、平安朝歌人

水上はいつこなるらむ白雲の 中より落つる布引の滝
:::::::::::::::::::::::::::::::::

もう真っ暗
夜の生田川もきれいですね〜
:::::::::::::::::::::::::::::::::
さてここで先ほど紹介した歌碑はこの辺です

結構歩きました
でもまだまだ歌碑ありますよ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
暗くなってきたので別の日
高架下をくぐってすぐみつけました
:::::::::::::::::::::::::::::::::

藤原盛方
保延三年(1137)〜治承二年(1178)、平安朝歌人

岩間より落ち来る滝の白糸は むすはて見るも涼しかりけり
:::::::::::::::::::::::::::::::::
もういっこ

発見!
:::::::::::::::::::::::::::::::::

藤原隆季
大治二年(1127)〜没年未詳、平安朝歌人

雲井よりつらぬきかくる白玉を たれ布引のたきといひけむ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
さぁまだまだ歌碑ブログ続きます
次回は歌碑三兄弟からご紹介!
:::::::::::::::::::::::::::::::::
お楽しみに
:::::::::::::::::::::::::::::::::
タンポポ

[2008/11/21 12:01 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
♪グリコピア神戸?♪

みなさんこんにちは
前回訪れたグリコピア神戸の続きです

          
前回のブログはこちら


3階
に上がると・・・



大きなカカオの木の模型が
コレが、チョコレートの原料となるんですね。


本物の実です無臭
実が10粒で一枚のチョコレートが出来上がるそうです

そんなカカオの木をはじめとした
チョコレートハウス
その昔、カカオ豆が神々の食べモノと珍重され、
様々な忠実を重ねながらチョコレートとして
世界中に広まっていく過程がパネルで解説されていました


当時を再現した、とってもリアルなミニチュア

昔はお金としても扱われていたチョコレート



メキシコに伝わるチョコレートの神様
イカツイ!


同フロアには、ほかにも

かわいい妖精がビスケットを作る工程を披露してくれる
ビスケットハウス


ビスケットの生地から型抜き、オーブンで焼いて仕上げる
妖精たちが、けなげ〜


同様に、今度はコーンアイスの作り方を手ほどきしてくれる
アイスクリームハウス


まずコーンを焼いて内側にチョコレートを吹き付けたらアイスクリームを流し込みます
最後にトッピングをしたら完成



子どもたち、必死の図


そして

特製メガネをスタッフのお姉さんから受け取り


最新のCG技術を駆使したオリジナルアニメーションが見れる
3D(立体)シアター
もありました

臨場感溢れる150インチのスクリーンとサウンドに、
子供向けといえどとっても楽しめちゃいました
物語の内容はヒミツです


次回、グリコピア神戸最終回をお届けします

by キャメロン




[2008/11/20 11:32 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
配信中のアニメーション神戸作品から♪

6日からフレッツ@メディアスタジオでスタートした

第13回アニメーション神戸 
デジタル・クリエーターズ・コンテスト参加作品
幅広い年齢層の興味を惹いている様子。

       

幼稚園から小学生くらいのお子さんは、アニメーション
いうだけで、画面に釘付けの感じ
そして、年齢の高い方は、「なんだ、こりゃ」といった
面持ちでベンチにかけて眺めて、感心・・・といったところ
でしょうか・・・。

     
キャメロンblogたんぽぽblogがお気に入り作品を紹介してきて
おりますので、私も気になるアニメーションの披露をば


DANCING BEAR

        

この作品は楽しくて楽しくてたまりません。
最初の音が聞こえてくるだけで、私の五感すべては
DANCING BEAR ワールドに浸かってしまいます。
    
       とはいえ、熊さんがダンスをしているだけではあるのですが・・・

             

熊さんのダンスはリアルです。
音楽と動きが軽快で、いつも思わず熊さんと一緒に
ステップロールダンシング〜気分。

                    
       
          

そして、なんといってもCG技術の巧みさに見とれます。
なめらかに回転するDANCNG BEAR






モーションキャプチャーという、現実の人物や物体の
動きをデジタル的に記録するテクニックを使って
制作されているとのこと。ダンサーのキレある動きを
熊さんが再現する面白味は、なかなかのものです。

クリエイターの皆さんに大拍手すごいですね
是非、多くの方に見て頂きたいと思いまーす



 BY 店長

[2008/11/19 11:22 ] | f@m情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
オカリナコンサート@湊川隧道♪

先日、湊川隧道(みなとがわずいどう)
一般公開を見てきました
トンネルの中でオカリナコンサートがあったらしいよー

湊川隧道とは
氾濫しやすかった湊川の流路を変更するのに伴い、
明治34年竣工された会下山の下をくり抜いて
作られたトンネルです。


湊川隧道

レンガ積みアーチ構造の、
わが国初の近代河川トンネル

なんです

新湊川トンネルができたことにより、
湊川隧道はトンネルとしての役割を終えたのですが
内部は歴史的価値を後世に残すため
今も当時のまま保存されているということです
ホェ


こちらが入り口
「コンサート始まりますよー早く中に入ってくださーい。」
と声をかけられ、慌てて中へ

トンネルが
奥までずっーと続いています


額の文字は湊川隧道の坑門に掲げられていたもの(扁額)

『湊川』は上流側に、 『天長地久』は下流側に
掲げられていたんだそう。

現在は新湊川トンネルに取り付けられています
ということで
キャメロン見てきました
▼コチラ
目を凝らして見てください

上流側 『湊川』
    
 下流側『久地長天』


さて、トンネルに戻ります・・・
  
震災で被災したトンネルの様子や、
復興写真などが展示されていました

湊川隧道は明治時代の掘削当時
現在のような土木技術もなく
全て人力による手堀りで行われていました。
このことから、この工事がいかに難工事であったかを
伺い知ることが出来ます

全長600mのトンネルを人の手だけでーーー!!??
昔の方の知恵と技術力、努力ですね・・・

□□□□◆□□□□◆□□□□◆□□□□◆
さて、トンネルの奥が気になります
どんどん進みましょう

うす暗くて、空気はヒヤッとしてます。
 ただいまの温度↓16゜C



 側壁は約450万個のレンガで覆われ、
底面には花崗岩(かこうがん)が敷き詰められていて、
近代土木遺産としての価値が高いとされているそう


大胆なことにそのレンガをなんと販売されていました
竣工時より、約100年間使用されていたものです
収益は湊川隧道保存友の会の活動補助費となるそう


トンネルを歩いていると
ぽたぽたと上から謎の水滴が。「ひえっ!」
軽い肝試しです

しばらく歩いていくと
人群れが見えてきました
と同時にオカリナコンサートもスタート

オカリナの音色がトンネル内に響き渡って
なんとも幻想的な世界に

 
豪華8人のアンサンブル!
崖の上のポニョ、コンドル、聖者の行進
などを披露してくださいました


素朴だけど心に響くやさしいオカリナの音色
場所が場所だから?
心地の良い空間が確かにそこにはありました
素敵でしたーーーぁ


トンネルもここで行き止まりになっていて
もと来た道を引き返して

外へ。

次回の一般公開は
12月20日(土)です

ここは絶対お勧めです
また行きたい!

□□□□◆□□□□◆□□□□◆□□□□◆

by キャメロン


[2008/11/18 13:54 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
歌碑のみち?

こんにちは
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
今日は前回ご紹介しました
歌碑のみち
の続きをご紹介
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
前回スタッフブログ
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
連翼亭というあずまやの隣にあった
西園寺実氏の歌碑までご紹介しましたね
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
あずまやの近くに
こんなものがありました

石のテーブルとイスがありますが
よく見ると…

イスには将棋の駒

テーブルにはマス目が彫ってありました
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
将棋の駒さえあれば
ここで将棋が出来ますぜ
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
少し下っていくと

こーんな大きな建物が!
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

この建物よく見ると
ART CENTER KOBE
と書かれています
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
ここは
7階〜37階…高品質賃貸住宅
1階〜3階…芸術センター
2階〜3階…芸術劇場
2階…音楽ホール・ミュージアムショップ
1階…スーパーマーケット
1.3階…フィットネスクラブ・スイミングプール
4階〜6階…医療モール・オフィス
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
と、なんでもそろうスーパービルでした!
タンポポもこんなところに住みたいな
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
そういえば新神戸駅前に大きいビルが
建設中でしたよ!
またすごい建物が出来るんでしょうか…

オリエンタルホテルがあまり目立たなくなってきましたね


⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
さてさてこのART CENTER KOBE
下には

ありました!歌碑!
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

藤原為忠
延慶二(1309)〜応安六(1373)南北朝歌人

うちはへて晒す日もなし布引の 滝の白糸さみたれの頃
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

歌碑を見つけたあと
近くのこんな工事現場が気になりました
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

壁にこんな説明図がついていて
調べてみると
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
神戸市街地下を走る大容量送水管
だと分かりました
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
神戸市は水源の3/4阪神水道企業団からの受水
に頼っていて
既存の送水管は六甲山麓を東西に走っているのですが
阪神大震災を超えてきた水道管であり
そのダメージもはっきり確認できていない状態らしいので
神戸市は災害時危機分散を考慮し
新たに耐震性の高い送水幹線を整備することになったそうです
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
そしてここが緊急のときの応急給水拠点となるんだそうで
何らかの緊急事態に送水が止まったとしても
この東西につながる送水管には水が満たされていて
この給水拠点からくみ上げることができるんだとか!
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
↓詳しくは↓
あなたのまちの給水拠点
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
皆さんも近くの給水拠点を把握しておけば
何かの緊急事態にも水が確保できるので
安心ですね
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
さて歌碑からだいぶん話はそれてしまいましたが
まだ次回も歌碑ブログ続きます!
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
お楽しみに
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
タンポポ
 

[2008/11/17 11:44 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
六甲風の郷公園(ろっこうこかぜのさとこうえん)

  
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

JR六甲道駅北側、徒歩10分程度のところにある
六甲風の郷公園(ろっこうかぜのさとこうえん)
行ってきました。

周りには、マンションや住宅が公園を囲むように建てられ
ています。商店街もすぐ横にあります。
そのような建物の中央にある広々とした空間は、憩いの
場として堂々とした存在感を醸し出していました。

          Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

このあたりは、阪神淡路大震災で、たいへんな被害を
受けた地域。
お年寄りから子どもまでみんなが
 
     安心して楽しく暮らせるまち

への復興をめざし、協働方式でまちづくりを進めてこら
れたそうです。

             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒            
  
    8つのまちづくり協議会が、力を合わせ築いてきたまちということで
    
 
8つの石からなるモニュメントが旗ポールの周りを囲んでいます。
      
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 
       
 広くて、芝生がありにお似合いです。
     風の郷という公園の名前そのもの。
  
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 

     風の家というコミュニティ施設もあります。
  
 兵庫県産木材の香りが漂う建物は、「六甲おろし」と
 いわれるような陸風や、瀬戸内海から吹く海風を利用した
 作りになっているのだそうです。
 風が室内の温度調整をしてくれたりするらしい
 ここに集った時には、独特の大気を感じられるかもしれ
 ませんね。
         
        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

  小さな命がいっぱいの、ビオトープもあります。
  
      池用の井戸があり、ちびっこ達が
     入れ替わり立ち代りお水を汲みあげて
       その感触を楽しんでいました
        
           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒      

 とっても素敵!と思ったのが「苗づくり工房
  
   『地域の人たちが花苗を育てています。
   大切に見守って下さいね。
   
花苗ができたら花壇に植えます
   と書かれたプレートがありました
  
  この先の季節に向けて、公園を彩るための準備です。
  そして、その様子を見守ることができるのです
  
  育った苗が、このお花たちのように美しく咲き風に揺れる
  姿を見るために、また別の季節にも来てみたいと思い
  ました
          
 
           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ 

グランドもかなり広く、ボール投げをしたり、自転車で遊んで
いる人の姿もあった六甲風の郷公園
秋の夕暮れ直前の風 は、優しく穏やかでした。

BY 店長

⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒

[2008/11/16 15:34 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
歌碑のみち

こんにちは

今日は生田川沿いに点々とありました
歌碑をご紹介したいと思います


実は以前旧西国街道をご紹介したときに発見した
この看板を見て今回歌碑のみちをご紹介しようと
思ったのでした

●●●●●●●●●●●●
旧西国街道ブログ
●●●●●●●●●●●●
歌碑のみちとは


布引の滝は、日光筆厳の滝、紀州那智の滝とともに
3大神滝と呼ばれ、古くから名勝として知られてきました。
また平安時代の昔から数多くの貴族や歌人たちが
この地を訪れ多くの名歌が詠まれました。
明治のはじめ頃、「花園社」という市民団体が
滝の周辺を布引遊園地とし、平安時代から
江戸時代にかけて詠まれた布引の滝の名歌の碑三十六基
を建てました。これらはその後散逸してしまいましたが
神戸市により全てが復旧されました
布引の滝からぬのびき花街道、旧西国街道や
HAT神戸を結ぶ散策ルートを
「歌碑のみち」と呼び、そのルート上に歌碑が
設置されています


この歌碑たちを新神戸駅からHAT神戸まで
生田川沿いを歩いて見てきました!

新神戸駅を望むこのロータリーで早速1つ目発見
●●●●●●●●●●●●
この時計の隣にいました

ここ


藤原師通
唐平五(1062) 〜 唐和元(1099)平安朝歌人。

水上の空に見ゆれば白雲の 立つにまかへる布引の滝

新神戸駅に背を向けて
歩いていくと

こんなオブジェや

●●●●●●●●●●●●
「ふれあいの泉」
六甲運山をアレンジし春の桜・秋の紅葉を
御影石で表現しています
また六甲の清らかな湧水を使って布引の滝を
流れ落ちる水の躍動感を表しています

●●●●●●●●●●●●
と書かれたこんなオブジェもあり

さらに歩いていくと

川沿いがなんかごちゃごちゃしとるな〜と…
よく見ると


龍!


何でこんなところに龍がびっしり…
●●●●●●●●●●●●
これは百龍嬉水といって
1973年神戸市友好都市提携を締結した
中国の天津市から贈られたものだそうです
●●●●●●●●●●●●
これだけ龍が並ぶと圧巻ですね

さらに近くに
連翼亭というあずまやがありました

と思ったら隣に歌碑


西園寺実氏
建久五(1194)〜文永六(1269)鎌倉期歌人。

呉竹の夜の間に雨の洗ひほして 朝日に晒す布引の滝

さて今日はこの辺で
次回からもたくさん歌碑ご紹介していきたいと思います
乞うご期待!

タンポポ

[2008/11/15 15:01 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
グリコピア神戸?

みんな大好きお菓子ネタです今日は!
江崎グリコの記念博物館

グリコピア神戸
に行ってきました。 (グリコピア神戸HP)

 
::::::::::::::::::::::::::::::

ここは江崎グリコの創業者江崎利一が提唱した
「食べることと遊ぶことは子供の二大天職である」
という考えを推し進め、
工場と企業ミュージアムが合体した
ユニークな見学施設として1988年に開館しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・


着くなり、いちごポッキーの甘い匂いがふわふわと
建物から漂ってきました
たまりません


中に入ると
とってもかわいい素敵な
コンパニオンガールが出迎えてくれます

『ようこそグリコピア神戸へ!!!』

巨大ポッキーがかわいい

本物のお菓子が入っています

まずはオリエンテーションホールという大きな広場で

カカオがチョコレートになっていく過程のムービーをしっかりみて
肩慣らしオーケー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
実は
予約時間より早めに着いてしまったキャメロンに
案内係のお姉さんが用意してくれていたのが


グリコの昔のCM特集
百恵ちゃんとトモカズのツーショット。貴重な映像です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、いよいよ見学start
案内係のお姉さんについていきましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは1階
グリコの歩み・広告の歴史コーナー


創業時から現在までをまとめた年表があり。


創始者の江崎利一の銅像があり。

彼のスローガンがたくさん紹介されていました

アタマは使うが心痛はしない
これと決めたら、キュッキュッとやり抜け!
息がくさくなるまで考えよ!

など、時代を感じさせないユニークなものがたくさん


グリコといえばコレ


大阪のシンボルにもなっている道頓堀のネオン看板
実物サイズの10分の1らしいです。
これでもだいぶ大きい



そしてグリコキャラメル

1931(昭和6年)製の
『発生映写装置つき自動販売機』がありました。
 
コインを入れると白黒のムービーが一定時間流れ
終わると
お菓子がコロンと出てきます

この機械のすごいところ・・・もうひとつキャラメルを買うと
さっきのムービーの続きが見れる
当時は行列ができるほど人気だったそうですが
今の時代でもウケそう!!


さて、次回からは他のフロアをご紹介しますね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by 
キャメロン

[2008/11/14 12:31 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
大正パレード★

 長田区大正筋の秋の風物詩
大正ウィーク最終日のパレードに行ってきました。
     
      ░▒▓█ ░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓

     まちづくり ひとづくりというタイトルがついている
          この大正ウィーク
   地域の人が集ってきているという実感がします。
       あちこちから久し振り〜!」という
        挨拶が聞こえてきていました。


      ░▒▓█ ░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓

    10月にも、お邪魔したアスタくにづか
         一角がスタート地点。
 パレードをする人たちの紹介をするステージです 
                              
        スタッフブログ大正筋まちリンピック  
                          
          
     大正時代を彷彿とさせる、右から始まる文字の 
         舞台前で始まりを待つちびっ子たち      

 今回は、議員さんや、区長さんがに扮して
     パレードを行うそうで、まずはご挨拶。

                     
         
                 

 消防署の方々は、大正時代のいでたちで参加。
 大正時代の看護師さんや、ハイカラさんの洋装姿も
 ありました
 
      ░▒▓█ ░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓

 軽快な音楽に乗って、パレードの始まり、始まり
 
♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩  
 
 ♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩♫♬☻ฺฺ☼♥♡◕ฺ☜♩    
 
  横断歩道の信号待ち停止です
 
      ░▒▓█ ░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓

  まずの行き先は、JR新長田駅前の広場。
 
              

  先に到着したは、次々にやってくる
        パレード隊をお迎え中。

                
        
        人力車も登場してました。
        
               

     到着したパレード隊の皆で、輪になり
    踊りを楽しみ・・・看護師さんも踊ってます
              
                      
 
そして、次のパレード地六間道商店街へ向かって出発

     ░▒▓█ ░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓

地域で恒例になっている季節ごとの行事は、関わる
方々の心遣いと楽しみが伝わってきて、笑顔になれました

大正時代は昔のことですが、街の名前とともにパレード
蘇ったそのひとときを、楽しませて貰えた日でした

 婦人会の皆さんが披露してくださった踊りの衣装も、大正風のお着物! 
  
                             
     
                         
 
BY 店長

[2008/11/13 11:54 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
わたしのまちのたからもの

こんにちは

今日の神戸新聞を見ていると
広告のところにまた新聞が挟まっていました
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
読んでみると
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
地才地創
瀬戸内海から日本海まで
地域それぞれに多様な自然と文化が
息づく兵庫
その魅力と可能性を地域の人たちの
知恵と力で呼び覚まそうと
「地才地創プロジェクト」は始まった
創刊110周年を迎えた神戸新聞社の
記念事業の一つとして
シンポジウムや特集紙面を展開
地域で愛されている
「わたしのまちのたからもの」特集では
寄せられた候補の中から「110選」
が選ばれた
歴史遺産、伝統行事から風景、食
グループ活動まで
多彩で幅広い「たからもの」群こそ
兵庫の奥深い魅力そのものを
映し出している

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
とかかれていて
その隣にはこんなにたくさんの
「まちのたからもの」

裏返してみると

すごい!
兵庫県のいいところがたっくさん紹介されています
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
一つ一つには
ちゃんと地図と説明文があり
裏にちょうど写真がくるように作られていて
私たちフレッツ@メディアスタジオスタッフが
取材に出かけたところもチラホラ
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
にくてんブログ
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
魚の棚ブログ
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
尼崎信用金庫世界の貯金箱博物館ブログ
尼崎信用金庫世界の貯金箱博物館ブログ2
尼崎信用金庫世界の貯金箱博物館ブログ3
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
赤穂ブログ
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

そしてこれは
お気に入りの「まちのたからもの」
切り取って折りたたんで持ち運べると書いてありました
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
ので
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
タンポポ作ってみました

切り取り折りたたみ…
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

完成〜
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
とってもコンパクトになりました
この中に110箇所もの
「わたしのまちのたからもの」が詰まっています

フレッツ@メディアスタジオスタッフブログ
出てきていないところもたくさんあったので
今後の参考にさせていただきます
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
神戸新聞さん
創刊110周年おめでとうございます
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
タンポポ

[2008/11/12 17:05 ] | HOTなニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
13th animation kobe

こんにちは

今日は今場内で配信中の
:::::::::::::::::::::::::::::::::
13th animation kobe
:::::::::::::::::::::::::::::::::
の中からタンポポお気に入りの作品を
ご紹介しようと思います

:::::::::::::::::::::::::::::::::
キャメロンちゃんもご紹介しています
11月6日スタッフブログ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
さぁいったいどんな作品が
タンポポに気に入られたのでしょうか
:::::::::::::::::::::::::::::::::
まずはこちら

ソフトさんの悲劇バージョン3.0
:::::::::::::::::::::::::::::::::
このアニメーションの主人公はこの子

ソフトクリームのキャラクター
お顔がハートでかわいいですね

このソフトクリームさんに
次々と悲劇が起こります…
:::::::::::::::::::::::::::::::::

持ち上げると

あぁ…
:::::::::::::::::::::::::::::::::

踏み切りで

あぁ…
:::::::::::::::::::::::::::::::::

ゴルフ場で

あぁ…痛い
:::::::::::::::::::::::::::::::::

そんなところに居ると当たっちゃうよ

やっぱり
:::::::::::::::::::::::::::::::::
でもソフトだからこそ良かったことが

スナイパーに狙われていますが

ソフトクリームなんで問題なし
:::::::::::::::::::::::::::::::::

後ろから忍ばれても

ダイジョーブ
:::::::::::::::::::::::::::::::::
こんな具合でソフトさんが悲劇に見舞われていきます
:::::::::::::::::::::::::::::::::
映像と一緒にポンポンポンポン
ぴょんぴょんなどの効果音も聞いていて
とっても楽しいです
:::::::::::::::::::::::::::::::::
ソフトさんの悲劇はまだまだ続きますが
続きはフレッツ@メディアスタジオに見に来てください
:::::::::::::::::::::::::::::::::
まだまだ

まるで実写のようなアニメーションや

こんな愛くるしいキャラクターなど

:::::::::::::::::::::::::::::::::
今月25日まで
もりもり配信中です!
是非見に来てくださいね〜
:::::::::::::::::::::::::::::::::
タンポポ

[2008/11/11 14:48 ] | f@m情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
波乗り祈願@綱敷天満宮

前回初めて訪れた
須磨の綱敷(つなしき)天満宮です
(前回のブログ)
ここに新たなモニュメントができたそうで
前から気になっていたので行ってきました


神戸新聞WEBニュース



波乗り祈願
です。

ブロンズ製で、高さ約1,8メートルもある像です
男の子のモチーフは
菅原道真公です
ちょうど人間の男児のサイズといった大きさでしょうか



道真は九州への道中、
須磨海岸で休息したとされ
昨年、道真モチーフのお守り500個を
作ったところすぐに売り切れたため、
銅像の建立が計画されたそう。

▲波乗りストラップ

  
サーフボートにあしらわれているのは
道真が愛したの紋だそう
 
なんだか関西のノリですよね〜

道真どこを指しているのかはわかりませんが
下から見ると、ピースマークをしているようにも見えます


『波乗り祈願』のパンフレットには
こんなことが書かれてありました

『波乗り祈願』とは、成功を収めるために、
上手く時流の波に乗ることを祈願するものです。
決して、自分本位な行動をとるのではなく、
時を読み、流れに逆らわず、自らの平衡感覚によって
状況に適応していくことが、
人間が生きていく上で大切だと思います。
綱敷天満宮の近くには、古くから風光明媚な
景勝地として親しまれている須磨の浦があります。
この像は時代の荒波に乗り、
ひとりでも多くの方々が幸せになることを願い、
須磨の裏でサーフボードを抱える幼少時代の
菅原道真公をモチーフに制作、建立しました。



なるほど。時代の波にノリ遅れないように
私も祈願してきました。

サーフィンと道真公
須磨の新しい名物になりそうですね



もうすぐ15日は七五三の日ですね

綱敷天満宮では、菅原道真公の5才児の衣裳
の貸し出しサービスなどもあるんですって♪



by キャメロン

[2008/11/10 11:02 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
元町♪ジャズピクニック


11時30分からのオープニングセレモニーを、5分ほど
過ぎてしまった頃、大丸前に着きました。
たくさんの人が集まっています。

この人だかりは、 
神戸の未来を担う子どもたちの音楽イベント
Motomachi East Jazz Picnic
(11月8・9日開催)
このJazz Picnic、今年が6回目の開催なのだそう。

この週末、元町のあちこちで中高生が主役という
ジャズセッションを聴くことができるのです。
関西のジャズバンド部ブラスバンド部など、
高校6校中学校5校が参加されています。

 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬
 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬
    

 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬

先月も、明石城で高校生ビッグバンドの演奏があり
ました。
 
10月15日ブログ 明石タコタコジャズフェスティバル


この時に、私のジャズは円熟した大人の音楽といった
思い込みは、完全に払拭されちゃいました
そして、10代のジャズに感心しつつ、彼らの将来を想い
楽しんだのですが、今回は数校の学生さんが次々と
セッションを行うということで、その演奏にワクワクです

 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬

    女子学生の中に、男子がひとりのバンド。
      ソックスが学生らしさの象徴

 
      サックスのまろやかな音色が
          広がっていました。
 可愛らしい制服と、金色サックスの組み合わせが
      絶妙な雰囲気を醸し出しています。
       ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫
        
       ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫

      男子ばかりのバンドもありました。
   皆さん、お揃いの白いトレーナーで爽やか
 
トロンボーンのスライドが、いっせいに伸びたり縮んだり。
       視覚でも演奏を楽しめました
      実際のところ、ビックバンドステージって
         今まで、そんなに見たことなかったような
。。。。。
  
       ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫
       席を立って、終わりの合図
       
 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬
 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬

ステージの横には、このようなコーナーが設けてありました。

 R良いと思った学校の投票箱)
           
青少年音楽活動助成基金の募金箱


    皆さん、次々と投票をされていましたよ。
        私も思わず激励の1票
   
  ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬

ステージから少し離れたところには、出番を待つ学生
さん達の姿がありました。赤いジャケットってビック
バンドに合いますね
どのような曲を披露してくださるのかなぁ・・・と思い
ながら、この場を後にしました。

若い人たちのこのような活動の姿は、どこで見ても
初々しさが漂い、精一杯の応援・拍手を贈りたくなる
今日この頃。
それは、私の年齢のせいでしょうか

 
 ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬ ♫:;;;: ♫ ♬:;;;:♬


BY 店長

[2008/11/09 16:20 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
バスが停まらないバス停

今日からグッと冷えましたね。
立冬も過ぎ、いよいよ冬ですかー
みなさん風邪には気をつけてくださいね!!

今日は
神戸市役所3号館に侵入してみました
 
コチラは1階です
このエレベーター前にあるものが設置されているらしいのです

なんと



バス停

こんなところにバス停!
本物やーー

 
▲“時刻表”には
「こちらは神戸市役所3号館
交通局は4階と5階です」との表示




フム、交通局を案内されている。
ではさっそく4階へ


エレベーター前に・・・・

また、あったぁバス停
「神戸市交通局」前ですって!!やりますなぁ♪


▲こちらも市役所の課の案内のようです

交通局の方にお話を伺うことができました
 市バスのPRの一環なんだそう

実際の停留所と同じものを倉庫から取り出し、
4年前に置いたそうです

「外部の人だけじゃなくって
職員さんにも、市バス利用してもらわなあかんからネ
そんな意味もある。」

って教えてくれました


ゆうちゃんとばっしー君
交通局のイメージアップになりますね♪


市役所には自由に入れるので
ぜひ確かめに行ってみてくださいね

by キャメロン

[2008/11/08 14:02 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
旧西国街道(きゅうさいごくかいどう)

こんにちは
+++++++++++++++++++++++++
今日はミント神戸から東へと歩いていったら
いろんなものを見つけましたのでご紹介
+++++++++++++++++++++++++
ミント神戸から東へ歩いていくと
パチンコ屋さんや飲食店が立ち並び
もう少し歩いていくと

ちいさい飲み屋さんが多くなり
あわせて住宅も多くなってきました

生田川にぶつかる直前の
ある駐車場の隣に


+++++++++++++++++++++++++
旧西国街道
(きゅうさいごくかいどう)
+++++++
++++++++++++++++++
と書かれた碑があり

その後ろに
ちょっとした休憩場所のようなスペースがありました
+++++++++++++++++++++++++
なんだろうと文章を読んでみると

+++++++++++++++++++++++++
旧西国街道(きゅうさいごくかいどう)
この
東西へ伸びる道はかつて西国街道
と呼ばれていました
西国街道は
西暦701年大宝律令
に端を発し
古代には
山陽道
と呼ばれ
京の都と九州の大宰府を結ぶ主要幹線
として
整備されました
以後、
畿内〜九州間の陸路
として栄え
江戸時代には
西国街道
と呼ばれるようになりました
西国街道は現在に残る道筋を使って
その跡をたどることができます
京都から現在の
国道171号沿い
を進み
西宮から海岸沿いを芦屋の打出まできた街道は
ここで内陸部を進む
大名行列
などに利用された
「本街道」
と海岸沿いを進む庶民の生活道路として
利用された
「浜街道」
に分かれ
生田筋で合流していました




古来より主要幹線として重要な役割をはたしてきた
西国街道がこれからも地域のシンボルとして
地域の発展に寄与していくことが
期待されます

+++++++++++++++++++++++++
と書かれていました
昔はこの道を歩いていくと
九州の大宰府までつながっていたんですね〜
+++++++++++++++++++++++++
そして裏側も読んでみると

+++++++++++++++++++++++++
葺合地域の市場・商店街では
町の新しいランドマーク(まちしるべ)を創作し
地域に活気を取り戻そうと
民話によるまちおこしを進めています
それぞれの地域で
地名や史跡等にちなんだ民話を
掘り起こしていますが
この広場に設置している「ロダンの狸」
民話に出てくるキャラクターのひとつです

+++++++++++++++++++++++++
と書かれており

上側に創作民話のキャラクターとして
「気のいいナマズ」、「ロダンの狸」、「こくがのとげぬき石」
などなどお話と出てくるキャラクターが記載されています

広場の中央には
「ロダンの狸」さんが
+++++++++++++++++++++++++
そしてこの広場からもうすこし東へ歩いていき
生田川を渡ったところに

小さな橋がありました

雲井橋

橋の両サイドに昔歩いたらしき人々の
シルエットが刻まれています
大名行列の様子でしょうか
+++++++++++++++++++++++++
こんな近くに歴史のある道があったなんて
タンポポ今まで全く気づきませんでした

+++++++++++++++++++++++++
そして帰りに旧西国街道沿いの
ある工事現場の前にあった掲示板をふと見てみると

なんとここで遺跡が発掘されていましたよ
工事で新しいビルができるのかと思っていたので
びっくりです

+++++++++++++++++++++++++
雲井遺跡発掘調査速報vol.3
現在、第4遺構面の発掘調査が終焉を迎えようとしています。
第4遺構面では、弥生時代中期と前期の遺構が確認できました。
弥生時代中期の遺構としては
円形の竪穴住居1棟とたくさんのビットが見つかり
古墳時代後期に埋まった流路のさらに西側に
膨らむように弥生時代中期に流れていた流路
がありました。




+++++++++++++++++++++++++
と掲示板に張り出されていました

ここは以前バスとかたくさんとまってたところだったような

隙間から覗いてみると
なんかごろごろしてましたー!!

+++++++++++++++++++++++++
ミント神戸からすぐ近くなので
皆さんもこれからの発掘状況を要チェックですよ

+++++++++++++++++++++++++
今も昔も人がたくさんいて栄えていた場所だったんですね
とっても歴史のある三宮でした
+++++++++++++++++++++++++
タンポポ

[2008/11/07 12:37 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
★第13回アニメーション神戸★

こんにちはワン

今日からフレッツ@メディアスタジオ
配信スタートとなったのは

☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;
 

第13回アニメーション神戸

☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;
です。

1996年に始まった
神戸市とアニメーション神戸実行委員会が
毎年、開催しているアニメーション
などの振興事業ですヨ

昨年のブログはこちら

数ある優秀作品の中から
なんと17作品を一挙配信中

   
 
一作品は数分の短編なので
テンポよく、見飽きることなく作品が楽しめます。

次々といろんな作品が現れて
自分の好きな作風に出会えますヨ


☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;

キャメロンのオススメ今日は1つだけご紹介

『盗人と王様』

や〜〜んカワイイ

王様が城の宝を持ち出した盗人を
追いかけて捕らえるというあらすじ


逃げる盗人
追う家来
風景の描写も素敵なんです


盗人は捕まってしまいますが
最後にはちゃんとオチがぷくく!
スタジオで是非確かめてください


宇宙人のような音声の会話にも注目
視覚&聴覚両方たのしい


☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α+;☆;+;☆;+;。0・Α+;☆;+;。0・Α


今日から25日までです。

ご来場お待ちしていますね!!

by キャメロン

[2008/11/06 15:16 ] | f@m情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
兵庫県立人と自然の博物館:後編

  
              
県立人と自然の博物館:後編の今回は、常設展示のご紹介です。
前編はコチラ11月2日・前編 

なにせこの博物館は、自然や環境についての多くの展示が
あるので、時間がどれだけあっても足りないくらいです。
その中からいくつかを選んでみました

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†
             
1Fにあるアメリカマストドンは、やはり目をひきますね。
350万年前〜1万年前頃まで、北アメリカに生息していた
長鼻類(ちょうびるい)だそうです

              
   
350万年という数字は、大昔過ぎて想像もつかないのですが
ゾウのご先祖様みたいな姿には、妙に親しみがあります
大地をズシンズシンと歩く背中に、鳥が止まっていたりも
したのでしょうか         
   
                     
 展示室内に明るく日差しがさしこんでいます
 

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

3F 兵庫の自然誌の展示コーナー
県内の自然に関する情報が、パネルや映像などで紹介されて
います。全部読んだら、兵庫県博士になれそう。
               
         
               
兵庫県域に分布する動物たちも展示してあります
イノシシは親子でいます
私は以前東灘区ので自動車道で、確かにイノシシが闊歩している姿に
遭遇したことがあります



†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

これは1Fに展示してある世界最大の花というラフレシア。
直径が1メートルほどになるものもあるそう。
ウルシ樹枝を塗って固めてある標本です


†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

そして、やはりこれはありますね!
丹波の恐竜化石のコーナー
丹波竜の映像を以前にフレッツ@メディアスタジオで上映した
ことがあり、その時のことが思い出されました。

丹波竜センセーション        
                       

         
               
化石工房
化石の石をクリーニングする作業場の様子を知ることが
できます
 

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

4Fにはひとはくサロンがありました。広々としていて
開放的な雰囲気。いろいろなコーナーがありました。
        ∈∋∈∋∈∋∈∋      
コチラは図書コーナー
自然や環境に関する本がゆっくりと読めます。

情報端末や標本が置いてあるコーナーは、明るく居心地よく
調べ物がはかどりそう

岩石・鉱物・昆虫など、手にとって見ることができる標本が
たくさんあります。ひょうごの植物標本
もありました。
  
昆虫おりがみコーナーでは、かたつむり
だんご虫の折り方などの本がありました

         ∈∋∈∋∈∋∈∋∈∋  

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

兵庫県立人と自然の博物館は、自然や
環境に関することがいっぱいで、想像創造を膨らませる
ひとときを提供してくださるなぁ・・・と実感。

広い公園もありますし、お弁当持参で行くことをお勧め
充実した一日が過ごせそうです。

                 

    化石のクリーニング作業の様子をガラス越しに見ることが
        できる建物です。
この中に恐竜の化石が

     

BY 店長

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐

[2008/11/05 16:24 ] | 播磨 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
菊花展覧会@相楽園

今日ご紹介するのは

相楽園で開催中の

第57回神戸菊花展

間口が4間(720?)の総合花壇をはじめ、
大菊花壇、盆栽花壇など15の部門に、鉢数にして
約2,500鉢の菊が展示されています。


園内が菊で埋め尽くされ、美しく彩られていました

まさに"菊日和"

菊花壇がずっと先まで続いていてキレイです。
さ〜!通るぜ!!


大菊の勢ぞろい


菊の種類を順番にご紹介してゆきましょう

大菊(厚物・厚走り)
京都を中心に近畿地方に発達した大菊は、
重弁で弁数が多く、満開に達すると花弁が盛り上がり、
厚走り種は周囲の花弁が管状で四方に放出した後は
大菊の中で一番雄大で見ごたえがあります。


キャメロンの手と比べてみてください
ひとつひとつがこんなに大きい!
モリモリしています


純白の菊
本当に美しくってため息ものでした



管物花壇(糸菊)
大菊と同じ京都を中心に発達した菊で
見所は放射状にぴんと伸びた花弁と
その先端が玉巻き状になっているつつましさ。


花びらの先っちょがくるんっと丸まっているのがカワイイ

一文字菊
一重咲きの大輪菊。
花びらの数が16枚前後の一重咲きの大輪菊です。


こんな種類の菊もあるんですね
ボリュームがあるんですけど、品があります

木添え作り
枯れ樹で盆栽作りの様な樹形を作り、
小菊で裏側から添わしてあたかも樹木に
菊が咲いたかのように仕上げた作品。


こちらも満開で見ごたえたっぷり

まぶしそうな目で写真を収めている方がたくさん


嵯峨菊
古来京都嵯峨地方だけに栽培された中輪菊で、
花弁は切り昆布のような平弁です。
一鉢に三本植えて段差が着くように育て、
下から7,5,3輪となるように花数を整えて
咲かす伝統的な仕立て方をします。




千輪作り
1本の苗を何回も摘芯をくり返して枝数をふやして
半球形になるように花を並べて咲かせる仕立て方。


まるで孔雀

一文字菊
大菊の普通栽培より、一ヶ月遅れの6月上旬に
挿し芽をして育て、草丈を
短くして仕上げる作り方で、大菊に
劣らない大輪の花が咲くのが魅力。




クキの長さが短くなっただけで
こんなに可愛らしく。

  

菊の育て方を細かく教えてくれる
パネル展示がありました。
時間と手間をかけてこそ
あんなに美しい菊ができあがるのかと納得

 

最後に芝生広場にやって来ました

芝生公園では、菊を見ながら
お茶と和菓子を楽しめました
 
贅沢!!

先日の2日(日)には
作品審査が行われ、優秀な作品に対し国土交通大臣賞など
五つの大臣賞を始め、神戸市長賞、兵庫県知事賞、神戸菊花協会長賞、
マスコミ各社からの賞等が授与されたそう!



この時期、お城や公園や神社でさまざまな
菊花展が開催されていますが
相楽園の菊花展、ぜひオススメしたいと思います

ひとつずつ丹誠込めて咲かせた
見事な菊は一見の価値ありです

by 
キャメロン

[2008/11/04 15:33 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
みのりの祭典

こんにちは

本日湊川公園にて行っていた
みのりの祭典
ご紹介いたします

市営地下鉄湊川公園駅を降りて
こんな坂道を歩いてきました

駅出口からはもうお祭りの雰囲気が見えてます

去年はキャメロンちゃんが参加していましたよ

2007年
みのりの祭典ブログ

去年も大盛況だったそうですが今年も
たくさん人が集まっていました


早速入っていきましょう

屋台が沢山並んでいる中

植木市コーナーが開催されてました

皆さん熱心に選んでいます

お花の苗だけでなく種も売っていました!
タンポポのおうちはお日様があたらないので断念

少し進んでいくと

ふるさと市場
白いテントの下で
「いらっしゃーい!見てってよー!食べてみてー!」
と元気な声で神戸市内・兵庫県内の特産品などを
アピールしていました

こちらは丹波味噌

こちらは兵庫県産のハチミツです!

ハチミツの他にもはちみつアイスも売ってました
無添加手作り美味しそう

なんとたくさんのミツバチさんも会場入りしていましたよ

みんなに見られて恥ずかしいのか
中でごそごそと動き回っていました

そして

なんだか人だかりができていたので
覗いてみると
牛が!

羊が!

うさぎさんが!

小さな囲いの中で
ミニ牧場としてみんなに可愛がられていました

そしてここは牛いっぱいコーナーだったのです

乳搾り体験コーナー


神戸牛が並んでいたり!
モー!グー!と鳴きっぱなしの牛たち…
美味しいお肉になっていくのですね

さらにはこんなクイズが
 
子牛の体重を当てるんだそうです
これは難しい!

そして中央のわいわい広場では

ブルーシートの上にサツマイモがどっさり!
わいわい広場は市民参加型イベントコーナーになっていて
野菜オークション・さつまいものつかみ取り・しお作り体験
などが楽しめるコーナーなのです

サツマイモのつかみ取りは
300円でひとつかみできるそうですよ!
お得

そして時間もお昼時になり
いい匂いのする方へ行って見ると

長蛇の列!
なにかしらと先頭まで見に行ってみると

ジャンボすきやきの試食!
これは並びますね〜
中を覗くと大きな鍋で一生懸命作ってはりました

もうひとつたくさん並んでいた所があったので
またまた覗いてみると

なんとワイン付きステーキ!
豪華!しかも値段もお手ごろです

いいにおいでおなかいっぱいになったタンポポは
会場の一番奥に設置されている
ステージを見にいってみました

盛りだくさんのスケジュール
タンポポが行ったときステージでは

素敵な歌声が

市民参加のステージの時間の
歌声アンサンブルです

皆さんうっとりと聴いていましたよ

さてみのりの祭典いかがだったでしょうか
兵庫県内・神戸市内の農漁業の発展を祝う
年に一度の収穫祭ということで
いろんな体験やお買い物がたくさんできましたよ
来年もみのりの祭典が楽しみです!


是非皆さん来年は参加してみてくださいね

アディオス!タンポポ

[2008/11/03 16:59 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
兵庫県立人と自然の博物館:前編

     
 †―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―
三ノ宮からバスに乗って、1時間近く・・・
兵庫県立人と自然の博物館に行って来ました。

 

自然のことや、生物・地球のことなどを学べる博物館。
目の前には、芝生が広がる深田公園があります。


    
大きな、大きな建物です
建物は壁面が鏡のようになっていて、辺りの風景が
映っているので、建築物のような気がしません。



壁に向かってダンスの練習をしている人もいました。
 †―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―

さてさて、館内では・・・
『昆虫記』刊行100年記念日仏共同企画
ファーブルにまなぶ  

という展示が開催されていました。(〜11月30日まで
 
 
あちこちを巡回してきたという展示で、ファーブル
研究や発見、貴重な標本などを見ることができます。
        
 
研究員の方のギャラリートークがあり、私も参加。
昆虫大好きなちびっ子達は、生きている昆虫に触らせて
もらえる機会があり、興味津々。
             
              
 †―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―

一方、兵庫地域展示として、独自の催しものもあり
お楽しみ・見るところいっぱいです。
ひとはくファーブル大作戦!スペシャルサイト   
   
こちらは、昆虫不思議ラボ

    

             
昆虫の世界に入り込んで、いろんな不思議体験が
できます。すっかり昆虫になった気分
       
見ていると不思議を超えて、神秘になってしまいます 
       
               
 なんともほほえましかった虫ぐるみコーナー
              
   ご自由におきがえくださいとあります。
        昆虫気分の仕上げ


 †―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―

そして、そして、こちらは見ものです
         
 「ひょうごのファーブル

              ・未来のファーブル」
 
            
赤ちゃんから大人まで誰でも作品を出すことができ、自分の
観察や発見を皆さんに見てもらえる、という催し。
ファーブルは、その日々を観察や発見を続けて過ごし
私達に多くのものを残してくれました。
そこで、現在の観察や発見についてもお互いに紹介し合い
あいましょう、ということで募集をされたようです
               
   
 
              
すべて作品に、出展者の顔写真やコメントがついています。
なので、それぞれの作品の背景やどんな時に発見したの
か・・・などがわかり、楽しいです。
小さな女の子だっだり、おじいちゃんだったり・・・。
              

†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―           

             
ひょっとしたら、お知り合いの発見が展示されているかも
しれませんね。

 
 
        

 †―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―‐†―


明日は、ひとはくフェスティバルが行われる
のだそう。
音楽のステージやクイズ、なんと虫放天!という
チョウトンボをいっせいに放す・・・ということも
芝生広場で予定されているとか。
自然と触れ合うことの、また違ったお楽しみですね。



次回は、館内の紹介をしまーす

BY  店長

[2008/11/02 15:03 ] | 播磨 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
尾上神社?

こんにちは

今日は前回の続きとしまして
尾上神社をご紹介
◇ ◇◇◇
前回タンポポブログ

今日は尾上の鐘からご紹介です
◇ ◇◇◇
なんとこの尾上の鐘は
国指定重要文化財「銅鐘」(旧国宝)
なんですよ〜!!
◇ ◇◇◇
さっそく見に行ってみると

OH!
なんと堂内に納められてしまっています

高砂の 尾上の鐘の 音すなり 暁かけて 霜や置くらん(千戴集)
この古歌に詠まれた天下に名高い
朝鮮鐘で国の重要文化財に指定されているそうです
◇ ◇◇◇
神功皇后三韓征伐より御凱旋の時
お持ち帰りになったと伝えられていますが
実際には新羅朝時代に造られたもので
今から約1100年前のものだそうです
◇ ◇◇◇
高さ約123.5cm
周囲約297cm
口径約73.5cm
厚さ約7cm
上下に幅広の帯をつけ、乳廊を広くとり
袈裟
襷の区画はなく、そこに蓮台に座った
如来が一体浮き彫りにされ
頭上には天蓋と小さな楽器が飛んでいる
そして天女が上方の側面まで天衣をひるがえして
優美な情景を彫りだしている
仏をかこみ、左右の空中から二人の天女が
天降って楽を奏して供養している有様が
見事に陽刻され
特に6個の楽器を飛ばせて虚空に音楽の聞ゆる
ように表しているのは奇抜である
奥行ある蒼古の感じは
何ともいえぬ潤いを含み尽きぬ眺めです…

◇ ◇◇◇
と書かれていました

尾上神社ホームページより

江戸時代にはこの装飾の摺物(版画)
贈答品として珍重されていたそうです
◇ ◇◇◇
ここで
この尾上の鐘にまつわる伝説をご紹介
◇ ◇◇◇
沈鐘伝説
元々龍宮にあった釣鐘を神功皇后が三韓従伐から
お帰りのとき、尾上神社に納められたといわれていました。
ある日、海賊が赤銅でできていると言われていたこの
釣鐘を船に積み込み盗み出しました。
足摺岬まで船で運んできたときに急な大嵐となり
沈没しそうになってしまいました。
「これは大変だ、龍宮の神様が釣鐘を返せと怒っているんだ
早く返さないと沈没するぞ!」

海賊たちは慌てて釣鐘を海に投げこみました。
するとどうでしょう
海はみるみる静かになっていきました。
その事件のあとしばらくすると
その近辺の海では、夜中になると
海中が光るようになりました。
その明かりによって漁ができなくなった漁師たちは
困り果て、ある識者に尋ねに行きました。
「これはきっと大変な宝物だ。みんなで引き上げて見なさい」
と言われた漁師たちは、力をあわせて引き上げました。
すると釣鐘だったのです!
釣鐘にはこのときに出来たといわれる
ひび割れが残っています。
この釣鐘は一度は高野山へ奉納されました。
しかしこの鐘を鳴らすたびに
「おのえへ、いのー。おのえへ、いのー」
(尾上へ帰ろう)
と聞こえてくるため、詳しく調べてみると
尾上の鐘だと分かり、そして尾上神社
帰ってきたんだそうです

◇ ◇◇◇

お隣に筆塚がありましたよ
◇ ◇◇◇


さてさて
尾上神社を後にして
山陽電車 尾上の松駅へ向かっていたところ
◇ ◇◇◇
線路沿いにこんなものを発見しました

車輪?
◇ ◇◇◇

お隣の看板を読んでみると
「高砂線尾上駅の歴史」
と書かれていて
◇ ◇◇◇
調べてみるとなんと
かつてここにあった日本国有鉄道(国鉄)高砂線の
尾上駅
のモニュメントだったのです

高砂線-wikipedia-

是非近くに来られた祭見てみてくださいね
◇ ◇◇◇
尾上神社いかがだったでしょうか
山陽電車 尾上の松駅から
少し南側を東へ歩いていくとあります
◇ ◇◇◇
詳しくはコチラ尾上神社ホームページ
◇ ◇◇◇
是非行ってみて下さいね〜

タンポポ

[2008/11/01 17:20 ] | 播磨 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。