スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
ミント神戸13F〜18F?
皆さんこんにちはタンポポです

さて今回はまさかの最終回
ミント神戸13F〜18Fを紹介いたします

前回前々回と13F〜16Fをご紹介しましたので
今回は17Fからご紹介しますょ〜

ミント神戸13F〜18F ?  ミント神戸13F〜18F ?

さてまずは17Fから

17Fにあがると目の前に広がるゆったりした空間

ここは神戸新聞文化センター(KCC)です

何をするところかというと、いろんなジャンルの
講座が受けられるところなんです

講座は約400種類もあり、なかには
お仕事が終わってから受けられる時間帯の
講座もあり、とっても魅力的

たとえば俳句・絵画・歌・英会話・書道・手相占い

手相占い

タンポポ、とってもこの講座興味があります

などなどほかにもたくさんの講座があり、
17Fは和気あいあいとしています



なので17Fには更衣室や大きなパウダールーム
さらにこんな洗面所まであるんです

大きくって20人は同時に使えそうですね

そして入り口には受講されている方々の
すばらしい作品が飾られているのです

タンポポも手相占い受けてみようかな…


さてっ
いよいよミント神戸最上階
M-INT TERRACE です

ここは利用の申し込みをしないと入ることのできない
スペースなんです
結婚式の2次会や会議・セミナーなどの時に
利用されるんですね〜

地上80mからの爽快な展望が楽しめるのだとか

タンポポは18Fにあがったことはないのですが
さぞかし綺麗な夜景が見れるんでしょうね〜

結婚の予定は全くありませんが
結婚式の二次会はここに決定した

タンポポでした
スポンサーサイト
[2007/05/31 11:44 ] | 神戸 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top
灘の酒蔵☆

神戸と言えば異国情緒漂う・・・が確かに代名詞のように
言われています。 とはいえ、和の伝統もずっしりと
構えているんですよね   

今日は 〜 灘の酒蔵 店長の発見 〜でーす

六甲山から湧き出ると質の良い酒米、そして
杜氏の熟練が、灘のお酒を全国に知らしめて
いるとのこと。

神戸市内には、有名な日本酒の酒造元が何件も
あるのですねぇ・・・。


ここは 菊正宗酒造記念館 です。
 



菊正宗酒造記念館

こちらの軒先につるされた球形のもの ●●●

私は最初 蜂の巣 だと思ったのですが・・・




杉 玉(すぎたま) という、日本酒の造り酒屋には
なくてはならないものとのこと。

この杉玉は、新酒が出来たことを知らせる役割があり
搾りをはじめました! の合図らしい。

吊るされたばかりは、杉の色が蒼々としているけれど
時の移ろいと共に枯れて茶色になっていく・・・

こうして新酒の醸成具合をお知らせするわけですね。

いにしえの人々の知恵と工夫が、なんとも 粋さ を
漂わせている・・・と感じてしまうのは私だけでしょうか。






こーんなに大きな釜もありました
作るの、大作業だったでしょうねぇ   





こーんなに長い形をした井戸もありました
「よいしょ」って押したのでしょうねぇ   

他にもこのあたりには、灘の酒蔵に関する見所が
いっぱいあります 

成人以上の方 にお勧めですよ 


浜福鶴吟醸工房

櫻正宗記念館 饗宴

白鶴酒造資料館


BY 店長

[2007/05/30 13:45 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
VS豚マン対決VS


神戸といえば・・・
豚まんを思い浮かべる人も多いのでは?

豚まんは肉饅(にくまん)の関西での称らしいですね。

一般的に言われている説は、
「関西では肉と言えば牛肉のことを指す。
だから豚肉の入っている中華まんは『肉まん』
ではなく『豚まん』だ」というもの。




確かに関西では
カレーや肉じゃがの肉も牛肉であることが多いですよね

今日はそんな神戸自慢の豚まんの味くらべ
するため私キャメロンが出動いたしますっ

●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●



エントリーナンバー?ばん
一貫楼(いっかんろう)
一貫楼HP
コックの豚さんがトレードマークですね。



写真は三宮高架下のテイクアウト店
本店は三宮のアーケード(センター街)を
西へ抜けたところにあり、中華料理も食べれちゃいます



一個がとにかく大きくてたっぷり重量感。
写真はミニ豚まん、それでも充分食べ応えありました
中もジューシーでおいしいo(*^▽^*)o



●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●



エントリーナンバー?ばん
太平閣(たいへいかく)
太平閣HP
ここはもともと中華料理店として有名
創業60年以上の老舗
三宮店は改築後、豚まんのテイクアウト専門店に






皮が柔らかでした。
中の具は黒コショウが効いてパンチあります。
具は甘めでした★




●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●●○○●○○●


エントリーナンバー?ばん
老祥記(ろうしょうき)
老祥記
神戸の豚まんといえばここ
南京町へ行くと、長蛇の列が出来ていて
すぐそれとわかります



道路をはさんでお客さんが順番に並んでいる様子




小ぶりサイズで一気に食べれます
生地がもっちりしていて美味!なんともいえません!!
肉汁がおいし〜
味もしっかりついているので、是非そのままで




       結果発表

どの豚まんもそれぞれにおいしくて
どこが一番か決めれそうにありません
今日は3店舗ご紹介しましたが
神戸には他にも豚まんのお店がいくつかありますね

豚まんバンザーイ
みなさんはどこの豚まんがお好きですか??

by キャメロン




[2007/05/29 14:09 ] | 神戸 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top
GOINGKOBE’07に行きました★

それは、それは爽やかな初夏らしい日差しの

日曜日の午後、ポートアイランドで開催された

GOING KOBE’07

GOINGKOBE'07 HP

・・・行ってきましたぁ



そもそも、GOING KOBEは・・・

阪神淡路大震災を風化させず、伝えていきます。
全国からいただいた復興支援をチャリティで恩返しします。
若者と音楽の力で神戸を賑やかにする観光イベントです。

と、ゆーことなので無料で入場でき、若者のパワーが
集まっている・・・イベントなのでありました

会場は2つに分かれていました
どちらも携帯サイト から入手した入場整理券を
見せて、入場です


神戸ワールド記念ホール



神戸夙川学院大学


雰囲気を盛り上げるべくポスターがずらーっと



フリマもやってました  ・・・個性的なTシャツあり



出店のぼりが青空と建物をバックに、はためいています






そりゃ、もう・・・若者と音楽の力で賑やかにするイベント です
から  も充実してます



これはランチですわ・・・もちろん一人分では
ありませぬ・・・念のため・・・。
ロコモコ丼 ・ ビーフン ・ 肉まん ・ ジャスミンティー
なかなか豊富なメニュー揃えですね
ふた付の飲み物カップは、かわいらしいお姉さんが
どうぞ!」と配布していたコーヒーなり


 ごみの分別もしっかりです 



割り箸も、ちゃーんと入れるところが作ってあります 




GOING KOBE'07 グッズ販売コーナーもありました。
いろんなTシャツがありましたよ



とにかく若者がいっぱい

人の流れのままに建物の中に入っていくと
MARSAS SOUND MACHINE というアーティストの
ステージ中

MARSAS SOUND MACHINE

死ぬまで踊り狂えぇぇぇっ★★★
 
  神戸〜〜っっっ 

なんてノリノリで皆さん、唄い踊っていらっしゃいまして
・・・ここで気後れしていてはいけません 
リズムに乗り、手を振り上げたりもしてみました

  こーゆー指をするわけです。
なかなかエキサイティング なひとときではありましたっ

出演アーティスト60組以上、運営にはボランティアさんも
参加されて、募金や清掃をされていました。


音楽若者パワーを浴びた
GOING KOBE’07 な午後でした

BY 店長



[2007/05/28 13:06 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ミント神戸13F〜18F?
皆さんこんにちはタンポポです

今日は前回した
ミント神戸13F〜18F?の続きをします

前回は15Fまで紹介したので
16Fから紹介いたします

まずエレベーターを降りてから目に入るのが
この3つ
京都きもの友禅神戸店さんとTBC神戸三宮店そして
MEN’STBC神戸三宮店さんです

ガラス越しに見える着物がとっても美しい

TBCは入り口がとってもシンプルでおしゃれでした
清潔感や高級感も出ていますよね

そして奥へ進んでいくと、
Gabaマンツーマン英会話教室を発見

中は茶色と白の家具で統一され、
観葉植物などがおいてあり、ドラマなど
で出てくる社長室のような落ち着き感が
出ていました

ここは上達するのが最も早く効果的と言われている
マンツーマンレッスンにこだわっているのだそう
英語が喋れるとかっこいいですよね


そしてタンポポが16Fまで上ってやっと気づいた事が…


景色がきれいなんです
ご覧くださいこのすばらしい展望

こちらは六甲山側の景色

こちらが三宮駅前の景色
こりゃ夜見たらたまげたもんですぜ

昨日のキャメロンさんに比べたら高さが足りないような気が
しますが、負けず劣らず絶景かな

↑↑↑5月24日の日記↑↑↑

とってもきれいでしょ

さてさて最終回17F・18Fは
また次の機会に


タンポポでした
[2007/05/27 12:27 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
噂のGIGライブ@ミント神戸
先週の川田ようすけライブに続いて
今日もライブイベントが
行われました



神戸湊川にある
一番星食堂HPはこちら

こちらで出演されている方々が
今日はここミント神戸6階の
フレッツ@メディアスタジオ前で
生Liveを披露してくださいました

今日はなんと4組のバンドが出演
14:00から16:00にわたり
各々の異色バンドがそれぞれの持ち味を出した
イベントとなりました

●まず一組目は
CLASSICS(クラシックス)さん
クラシックス



▲こっち見て、こっち!!!!!


ゆる〜い感じの音が心地よかったです
クラシックスさんは
7/20に1stアルバム(全7曲入り)を発売されるそうで、
こちらも要チェックですよ〜




●続いて2番手のjaneway(ジェーンウェイ)さん



熱いお方でした
個人的にデイジーって曲が心に残りました
歌詞がやさしくって◎
Janewayさんは自身でブログもお持ちです
こちらもぜひ見てみてください→Click




●3組目が噂のデュオ
Recto Verso(レクト・ヴェルソ)さん
レクト・ヴェルソ

おしゃれな楽曲が雰囲気むんむんのお二人

特筆すべきは
全部の曲が英語詩であること
西中さんの趣味は英語の勉強で『明日はTOEICの試験だ!』
とはりきっておられました
また春木さんはフランス語がお好きで
この秋に仏語検定を受けるそうです
お二人とも・・・国際人デス世界に・・・ハバタケ!!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


土曜の昼間というだけあってカップル多し!
タワレコのお客さんもLiveに注目


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




●トリを飾ったのが第三世界さん
第三世界




神戸発 NEOアコースティックポップバンド。
5人の一体感が気持ち良かったです!

彼らは毎月第三月曜日に一番星食堂
自主企画イベントをされているそうです
Vo&Grのヨシカワさんにお話を伺うと
『第三つき曜日、それは、むーーーーん!!』とな。
月曜日を『つき曜日』とあらわしたところが
アーティストだなぁとおもいました。むーーーーん!!



簡単に今日の様子をまとめましたが
いかがでしたでしょうか??

このライブイベントはこれからもF@MS
精力的に行っていく予定ですので
ぜひみなさんにもライブの臨場感を味わいに
観に来ていただきたいと思います

生演奏はやっぱり興奮しますね
素敵なステージをありがとうございました

by キャメロン


[2007/05/26 20:13 ] | f@m情報 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top
☆第506回読者の報道写真コンテスト☆
皆さんこんにちは
昨日は暑かったかと思いきや
今日は雨です

早くも水不足が騒がれているようで、
たくさんがふればいいのになぁ
外に出ずスタジオで思うタンポポです

さてそんなスタジオで今配信されているのは
毎度おなじみ読者の報道写真コンテスト

今回もたくさんの応募があったようなのですが
の作品が多かったそうです
なんだか意外

そしてみごと一席になった作品がコチラ

「四月の風」
川沿いに咲く桜が見事に舞い散っています
画面いっぱいに散る桜が風を感じさせてくれます


そして今回タンポポが気に入った作品がコチラ

「春の日」
タンポポは電車通学だったので自転車通学に
すごく憧れていました
この写真はまさにタンポポの憧れる情景なのです
それにしてもこの笑顔素敵うらやましい


フレッツ@メディアスタジオに入賞された方が
作品を見に来てくれているようです

皆さんもぜひ大型モニターで厳選された
すばらしい作品を見に来てくださいね

お待ちしております

タンポポでした
[2007/05/25 12:27 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
☆神戸市役所24階展望台☆
こんにちは!最近、朝の弱さに拍車がかかり
起きたてはそこらじゅうの関節に痛みをともなうキャメロンです。
朝は死人に等しいと兄ちゃんにいわれてしまいました
どなたか朝に強くなる術(すべ)教えてください


そんなプライベートはさておき
今日はみなさんよくご存知の
神戸市役所へ行って参りました

実はここの24階は展望台になっていて
神戸の景色が一望できます
皆さん知っていましたか?

早速その眺めをご覧下さい
空が“どよーん”としているのは気にしないでくださいね(笑)



左に見えるのが神戸大橋に続くポートアイランドです、


こちらはフラワーロードの南に位置する東遊園地

道路が・・・
ちっちゃ!!



海の向こうが関西国際空港ですよ




この室内展望台付近では
世界から日本へ送られた寄贈品の数々も保蔵されています




神戸市の姉妹都市シアトルからも。


シアトル市は、世界の21の都市と姉妹都市の提携
をしていますが、神戸はその中でも一番古い歴史
を持った姉妹都市なんです


知っ得!
神戸・シアトル姉妹都市提携50周年記念★なんですよ
今年は。
神戸市とシアトル市は1957年に姉妹都市
提携を結びました。シアトル市は神戸市に
とっても最も長い交流の歴史を持つ姉妹都市であり、
これまで文化、教育、スポーツ、経済など様々な
分野で幅広い交流が行われ、日本とアメリカの
姉妹都市交流の先駆的な役割を果たしてきました。
 姉妹都市提携50周年を迎えるにあたり、
シアトル市との関係が深い団体とともに
「神戸・シアトル姉妹都市提携50周年記念事業
委員会」を設置し、様々な記念事業を実施します。
詳しくはこちら


シアトルといえば
キャメロンが真っ先に思い浮かべるのが
マリナーズのイチロー選手ですが、
他にもニンテンドーマイクロソフトスターバックス
トーリーズカフェ

なんかがありますよね。

ブルースリーとか、ジミヘンのゆかりの地でもあり、
日本に慣れ親しんでいる都市ですね


この展望台へは誰でも無料でのぼれます
夜になると神戸の夜景がキレイに映し出され
うっとりすること間違いなしですね

ミント神戸に戻る際に花時計ギャラリーを通ってきたので
そちらの様子もどうぞ


◇ひょうごの四季展◇開催中






あぁ
お散歩はたのしいな〜
キャメロンでした
[2007/05/24 12:54 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
第506回読者の報道写真コンテスト★



神戸新聞
第506回 読者の報道写真コンテスト
《5月23日(水〜31日(木)》

入賞作品の配信が、本日からスタートしました。

神戸新聞

★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★・・・★

これ   いかがでしょうか




「春の城跡」 橋本敏代(神崎郡福崎町)


コントラスト

あ、これは雲ではなく、「」というのかもしれませんね・・・

まるで、繊細に描かれている絵画を見るようです。
毎度のことながら、まず に目を奪われてしまい
見つめた作品・・・

タイトルが「春の城跡」とあります。




この土色の角ばった部分は、光の加減で地面部分と同じ
色に見えますが、お城の石垣らしい。

そうです

山の頂に位置し 「天空の城」 とも呼ばれる
竹田城 (兵庫県朝来市)の、とあるシーンです。



ここは、廃城から約400年も経ているそうですが、石垣が
ほぼそのままの状態で残っているとのこと。
山城として全国屈指の規模で、国指定史跡となっている
名所です。




和田山町

竹田城


昔、昔その昔・・・この山の上にあるお城に住んでいた
お殿様や姫君、家臣、お侍さん、お女中さん・・・・・・
季節ごとに変化する眺望にうっとりして日常を忘れて
しまう瞬間 があったかも・・・。
そして、一句したためたり  してたかも・・・。


まるで、仙人になったような気分を味わえそうですね 



BY 店長

[2007/05/23 17:45 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
●神戸とんぼ玉ミュージアム●
みなさんは とんぼ玉って知ってますか?

○○○○○○○○○○
1つ1つ色ガラスを作り、それをいろんな色模様に組んで
ひもを通す穴があいたガラスの玉を作ります。
このガラスの玉を総称して
とんぼ玉といいます。
○○○○○○○○○○

とんぼ玉の歴史は、
ガラスが作られて間もなく始まりました。
"きれいな宝石を身につけたい"
と考えた昔の人は、
色ガラスを使ってガラスビーズを作り、
やがて人から人へと受け継がれていきました

江戸時代になるとヨーロッパ各地より
多くのガラス技術や製品が日本国内に輸入され
ガラスは庶民の間にも身近な製品となり
とんぼ玉もかんざしや根付(ねつけ)に姿をかえ
多くの人に好まれ楽しまれるようになりました。

今日はそんなとんぼ玉の博物館が
神戸にあると聞きつけて、
行って来ました

神戸は本当に
博物館、美術館が充実しているなぁと思います





▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

場所は以前タンポポちゃんが紹介していた
らんぷミュージアムのお隣です

▲神戸旧居留地のなか 緑の窓枠がひときわ目立っていた
神戸らしいおしゃれなビル「日本ビルディング」の2階にあります!
とっても小スペースなミュージアムでした☆


残念なことに!

館内写真撮影禁止でしたので
リアルにお伝えできなくて申し訳ないです・・・

館内はこのように、厳かな雰囲気たくさんの作品たちが
ショーケースに並んでいます。


国内外の作家さんたちの作品がぎっしり
展示されていて、圧巻でした
とんぼ玉以外にもランプワーク作品が多数展示されていて

ランプワークとは・・・
バーナーでガラスを溶かして創作するホットワークといわれる
ガラス工芸の一分野でバーナー以前にランプを用いたことから
このように言われています。


普段見ることができないモノばかり。


この日は特別展示期間で
アートマーブル&ペーパーウエイト展
も開催されていました


展示室をでると、
作家や工房の作品を販売しているミュージアムショップ
らんぷワークに関する書籍・ビデオを自由に閲覧できるライブラリ
実際にとんぼ玉づくりのデモ体験ができる体験工房
があり、教室が開かれていました。
皆さん真剣で楽しそうに
作ってらっしゃいました。


このミュージアム、なぜ神戸にできたのでしょうね
   
震災10年を迎えたKOBEのこの地に、
ランプワークで創られたガラス作品を通して
新たな未来への夢と希望を与える『再生』『創生』
の光を発信していきたいという
思いからなんだそうです。
   フムフム!   

今までとんぼ玉に興味のなかった方でも、
繊細ですばらしいアートたちに
魅了されること間違いなしですよ


そして、このミュージアムがある
旧居留地内企業などでつくる「旧居留地連絡協議会」
がこのほど日本都市計画学会の石川賞を受賞されました
歴史ある街の雰囲気を残しながら
にぎわいのある都心づくりへの取り組み

が評価されたそうです

▼5月19日の神戸新聞より

WEBニュースはこちら

今と昔が共存している神戸らしいお洒落な街
皆さんもお出かけしてみてくださいね

[2007/05/22 12:41 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ミント神戸13F〜18F ?
みなさんこんにちはタンポポです

今日は皆さんあまり知らないのでは
というミント神戸13F〜18Fを紹介していきたいと思います

私達フレッツ@メディアスタジオスタッフがいる6Fを含む
B1F〜9Fまでのフロアは皆さんもう
来ていただいていますよね

なんとミント神戸には13F〜18Fにも
フロアがあるんですょ

ご存知でした

しかし13F〜18Fに上がるには
この入口から入らなければいけないのです


お分かりでしょうか南側(海側)入口で

この入口を入ってまっすぐ進みます

そしてこのエレベーターで13F〜18Fまでいけるのです


まずは13Fへ行って見ましょうgo
この階はとっても静か…
会議室がたくさんあるんですね〜

東海東京証券?神戸支店がありました

そしてそして15Fには…

献血ルーム

タンポポは注射が苦手で
でも1回は挑戦してみようかな…
と思い中の様子を探ってみると

中には休憩ロビーがあり、40インチの大型テレビ
が設置されていますインターネット使用可能
パソコンが4台もあって大型自動販売機が2台
設置されているんです
しかも飲み放題無料ですよ

そしてベッド全てに設置されている小型テレビ
を見ながら採血ができるそうな

…な、なんだか魅力的
皆さんも一度はおいでまし

その献血ルームの向かい側にあるのがアデランスです

女性と男性の入口が分かれていました

そのとなりには三ノ宮歯科

見てくださいこのキレイな入口
タンポポは歯医者さん大好きなんですが
苦手な方も入りやすそうですねっ

こんなにたくさんあるんですが意外に
知られていないんですね〜
さて今日はこのへんで
次回につづきま〜す

タンポポでした


[2007/05/21 12:43 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ザ祭り屋台in姫路
皆さんコンニチハ〜タンポポです

最近めっきり夏の日差しになりましたね
でもチラホラと雨が

今日はそんなチラホラ雨を吹っ飛ばしてくれる
熱気ムンムンのお祭り
ザ屋台祭りin姫路に行ってまいりましたので
ご紹介しようとおもいます

ということで

姫路です姫路といえばやっぱり姫路城

今回のこの屋台祭りは姫路城の目の前にある
三の丸会場と少し駅側にいったところの
大手前公園、大手前通りで行われていたのです

タンポポが到着した時には
最後の屋台が大手門を渡って三の丸会場に
入場するところでした


大手前通りが通行禁止になっていたので
急いで姫路市立動物園東口から三の丸会場へ
するとすごい

屋台もたくさん入場してきます

三の丸会場に入ったときには
100列目くらいだったタンポポ
なんと10分後には2列目へ
任せてください

まもなくしてセレモニーが始まりました
屋台に乗って太鼓をたたく乗り子たちの紹介や
衣装の説明などありました

そして獅子舞が始まりましたよ

この獅子舞は朝日谷の方たちが神勇(かみいさみ)
八嶋(やしま)桜舞(さくらのまい)四方形(しほうがた)

の4演目を披露してくれました
スバラシイ

そしてやってきました屋台練りっっ

ドンドンと太鼓の音が聞こえてきたと思うと
気合の入った掛け声が
チョーサァァ

このチョーサという掛け声は
屋台を頭上高く差し上げる魚吹・富嶋地区
独特の掛け声なんです
同じチョーサでも、各町によって
タイミング、練り方、担ぎ方、掛け声に
特徴があり、それぞれの伝統があるのだそう

それにしてもカッコイー
2列目でgetした写真の数々をどうぞ




参加屋台は
坂上・坂出・高田・津市場・福井・和久
能見・丁・吉美です




とってもかっこいいでしょう
力強さと伝統、他の屋台に負けないぞ
という意思がガンガン伝わってきますよね

さて屋台も退場してそろそろ帰ろうと思い
もと来た道をたどって帰っていたら
姫路市立動物園が無料開放されていました
ラッキーィ
ということで姫子ちゃんです

お祭りで興奮していたのか
歩き回っていました

そして大手前公園では出店がズラリ

太鼓体験コーナーもありました



来年はもっと人が多いかもしれませんよ

ではこのへんで

タンポポでした
[2007/05/20 13:12 ] | 播磨 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
川田ようすけライブ@ミント神戸

本日、14時からフレッツ@メディアスタジオにて

川田ようすけライブ を行いました


こちらでライブ演奏を行うのは、初めての試みです
どきどきワクワク


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この一週間は、103インチモニターでも彼の
プロモーション映像を流してPRしましたよ。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ギターの弾き語りで、自作曲を次々と熱唱
3回のステージを行いました。



ちょっとした日常に感じたことや、恋愛のことなど

自然に湧き出てきたのだろうなぁ・・・なんて
思わせてくれる歌詞と澄んだ歌声が、心地よく耳に
届きました


『夕陽』 という曲の歌詞の一節に
目の前に写る綺麗な夕陽を足元の影に閉じ込めて・・・

とゆーところがあるのですね

「うん・・・夕陽って綺麗。夕陽と足元の影・・・
夕陽の綺麗さと、その時間帯独特のせつなさ。
なんだか想い出すなぁ・・・あの頃、あの時」
(この「あの」に関してはご想像におまかせ


・・・ってな具合に、しばしその曲から回想に耽ったり。


 音楽っていいですね 



ライブ中は、103インチモニターで彼の唄う姿が
映し出されました 唄っているすぐ後ろで、その
様子の映像が流れるって不思議な感じでした。

お向かいのタワーレコード さんの中からも
眺める在り



        
2月24日発売のファーストアルバム「24」 でーす。

彼の歌声の雰囲気、出てますねぇ・・・

*詳しくはこちらのサイトをご覧くださいね。

川田ようすけ

それにしても
 ライブは素晴しい

BY 店長



[2007/05/19 20:58 ] | f@m情報 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
神戸北野探索?
皆さんこんにちは

最近お昼間は気温が高く
汗ばみますね・・
朝晩は比較的過ごし易いですが
みなさんも体調管理には気をつけてくださいね
キャメロンは毎日ぼぉーーっとしています
五月ボケなんでしょうか?
生まれつきなんでしょうか?
人からはぼぉーーっとしてるねとよく言われます・・・

さぁて!ぼ〜っとしてる場合ではありません
今日は北野探索第3回目お送りしますよ
1回目から
‘誰それさん'の館(やかた)つづきでありますが・・・
だって異人館通りなんですもん
館だらけなんですもん
これでも端折ったんですよ

そして今日も館です(笑)
どうかおつきあいください。



前回のラインの館から天神坂を上ること5分

昭和52年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説
「風見鶏の館」で一躍その名を全国に
知られることとなった風見鶏の館です


でーん!!
赤レンガ造りのお屋敷
がひときわ目立っていました
名称の由来は三角屋根の上にある風見鶏がこの建物の特徴でもあり、
象徴でもあるところから来ています。
また風見鶏には風向きを知るということの他に、
西洋では警戒心の強い雄鶏は魔除けの意味や、
キリスト教の影響力を強めるといった意味も
あったようです。



屋根のてっぺん
おお!ちゃんとありました、風見鶏が



震災から12年がたちましたが・・・
ここも2年休館して壊れた所を
復元されたそうです。外装のレンガが
崩れたり、全部の部屋の中の壁がひび割れ、
新しいレンガと色を合わせるために
古いレンガを全部洗ったそうです。


神戸を愛する人たちの思いと努力で
改装してまた見学できるように
なったのですね


この風見鶏の館の少し東には
北野天満神社
があります。



鳥居を抜けると

この長い参道
意を決して登りましょう


学問の神様 菅原道真公・
土佐光起筆(当神社所蔵) 北野天満神社は、
霊顕あらたかな学問の神様で親しまれている
菅原道真公をお祀りする由緒ある神社です。

治承4年(西暦1180年)の6月、平清盛公が、京都
から神戸に都を移し、「福原の都」をつくるに当たっ
て禁裡守護、鬼門鎮護の神として、京都北野天満
宮勧請して祀られた古い歴史をもっています。


▲平清盛公

キャメロンの高校受験のときも
ここでお守りを買ってもらった記憶があります
ご利益ありまくりですよ


神社から西にすすむと大きな広場があります。
1分ほど歩きましょう
北野町中公園です



今にも動き出しそうな銅像がたくさん
ベンチにも腰かけたりしていて、ユーモアがありますね。


▼「どっひゃあ〜」



この公園ではゆっくり休憩できました




三ノ宮から少し歩いただけで
いつもとぜんぜん違う風景が楽しめる
ここ北野は
お気軽探訪スポット
皆さんもお時間あれば、是非に。

とりあえず北野探索は今日で一区切り
北野は異人館街のほかにもまだまだ
みなさんに紹介できそうな所があるので
またネタしこんどきまーす


by キャメロン



[2007/05/18 13:47 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
神戸文学館
みなさんこんにちはタンポポです



今日は灘の王子動物園の横にある
神戸文学館へ行ってきました

そろそろタンポポ知的な部分を出していこうと思いますよ
この神戸文学館は、明治37年(1904)
関西学院のチャペルとして建てられた由緒ある建築です

歴史を感じる赤レンガ造りのチャペルの外観を
そのまま残して 平成5年4月には尖塔部分も完全に復元し、
王子市民ギャラリーとして神戸市民に親しまれてきました
そして12月4日にリニューアルして
「神戸文学館」として開館したのです


それにしても神戸らしい素敵な外観ですね

中は撮影禁止だったので画像はありませんっ

中はどうなっているのかというと…

まずは常設展示ゾーンから
神戸ゆかりの作家の文学資料や愛用の品が
当時の神戸の風景写真と共に紹介されていました。

そこには神戸を代表する詩人
竹中郁の書斎の一部が再現されていました。
彼はこんな空間で詩を紡いでいたのですね

そして企画展示室ゾーン
今神戸文学館では
「探偵小説発祥の地神戸」をやっていました。
横溝正史を中心に西田政治とその周辺も含めた
作品・資料・写真などが展示されていました
7月17日までやっていますよ〜

そして奥に目をやると
セミナーエリアなる講座や交流イベントが開催できる
スペースがありました


そして反対側のお部屋に行ってみると
神戸の本棚と呼ばれる本棚が
ご自由に神戸を中心に活動している作家の
文学作品などを閲覧できるそうです

本当に資料が充実していますよ

外をぐるっと散歩していると、こんなluckyが

おとなりは動物園だったんですね

そしてタンポポは窓に注目してみました

キレイでしょう
葡萄蔓文模様の窓ガラスです


外には学院発祥の地 記念碑が建てられていました

記念碑は、創設者ランバスの自筆サイン、吉岡美國
第2代院長の 自筆サインと「敬神愛人」、
ニュートン第3代院長の自筆サイン、
第4代院長の自筆サインと ”Mastery for Service"
さらに 学院沿革の碑文が刻まれ、旧礼拝堂階段の
飾り石が配置されています


ここだけの話
夜はとってもキレイにライトアップされるんです
チャペルとして建てられた建物なので
ムードバッチリ

ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか



タンポポでした
[2007/05/17 11:42 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
ご当地ピン@神戸


これっ
いかがでしょーか

先日、元町を歩いていて発見







「KOBE ピンズ」 

確かに最近 ご当地もの は流行ではありますが・・・
この KOBE ピンズ は地元の人気デザイナーさん達が
企画・デザインを担当なさったそうな 

ご当地おみやげ的存在以上の雰囲気 を醸し出して
いるではありませんか



さすが・・・地元の人気デザイナーさん
全部で12種類あるそうですが、どれも神戸らしく
おしゃれな感じ

今回、私はおもわずガチャガチャと5個入手
しちゃいました。


その中でのお気に入りは・・・




旧居留地をデザインした これっ!

レトロな色具合と、ピンの素材感がマッチしてるぅ〜〜


これらのピンは、元町や三ノ宮商店街の店頭、ミント神戸
近くのおもちゃ屋さん、及びポートタワーで手に入れる
ことができるそうです

ポートタワー


や・は・り12個全部集めたくなっちゃいました 




ところで
ここでちょいとフレッツ@メディアスタジオライブのお知らせ

今週土曜日 19日 14:00〜
神戸在住のシンガーソングライター
川田ようすけ ライブ を行いまーす

川田ようすけ

今、スタジオでは彼のライブ模様などをスライドショーで
お見せしていますが、土曜日には生歌が聴けちゃいます
とっても爽やかな歌声に、気持ちがほっと和みます

ぜひぜひ足をお運びくださいまし


BY 店長
[2007/05/16 11:52 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
もとまちパレード
こんにちはタンポポです

今日も暑いですね〜
暑くって取材中に座りこんでしまったタンポポです

皆さん帽子やサングラスや日焼け止めなどで
紫外線に気をつけて外に出ましょう
水分もたくさんとりましょうね


さて店長さんキャメロンさんに続いて
神戸まつりを取り上げたいとおもいます

タンポポが向かった先は
元町パレードが行われている
元町商店街へ行って来ました

どんなパレードが観れるのか楽しみにしていると…

オーマイガッ

なんと着いたときには最後の演奏が始まっていたんです

ついてない〜

しかも演奏が終わるとぞろぞろとどこかへ行ってしまう

ヒェ〜と焦り、タンポポはその行列についていっちゃいました


すると…

メリケンパークについちゃいました

メリケンパークで演奏していた方々は
解散してしまったんですが
ズンズンズン
なんだかノリノリな音楽が

駆け寄ってみると…

かっこいいお兄さん達がダンスしていました
KOBE STREET DANCE LIVEです
とってもかっこよかったですよ

そしてあたりを見回すとフリーマーケットが
こうべみなとの市が開催されていました

こちらもなかなかにぎわっていましたね〜

行き当たりばったりなタンポポでしたが…
楽しかった〜

次からはもう少し計画的に

タンポポでした
[2007/05/15 11:29 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
カフェ*Greens coffee roaster*
こんにちは
先日、行くと定休日だった
神戸モトコーのカフェにいってきました
その名もGreens coffee roaster

入口はこちら!!


モトコー2番街にはいってすぐです。
豆の看板が目印です。

入ると2階に案内してくれました。
とっても感じがいいんです!
みてください

ちょうど良い明るさの照明と
横長の窓から見える眺めがとても良く
すっかり落ち着ける空間に



初めは絶対ブレンドコーヒーを
たのもうと思っていたんですが、
この日あまりの暑さに
冷たくて甘い飲み物に目がくらんでしまい
カフェオレパニーニを注文

カフェオレは苦味がまったくなくて、するする飲めました

おいし〜〜〜〜〜〜

店内は禁煙でコーヒーの香りが楽しめるようにと
マスターのこだわりが感じられます。



↑↑1階にはバリスタチャンピオンの際の賞状が
飾ってありました。↑↑


こちらは出入り口付近
コーヒーメーカーやコーヒー豆をはじめ
様々なコーヒー関連グッズを販売していました

お店の雰囲気がとてもよくって
まったりくつろげて
何より美味しいコーヒーが
いただける
お値段も良心的でした


毎日一人ででも通いたいお店ですね
今度はブレンドコーヒーを注文しますっ
あぁあぁ満足




■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■



そして今日はもうひとつ
みなさんにオススメの
三ノ宮のかくれ通路をご紹介しますね!
意外と知られてなくて
暑い日に人ごみを通りたくない方におすすめです
さんちかを通るのなら絶対こっちです

地下鉄海岸線の地下通路です。

↓↓この地図でわかりますかねぇ↓↓

緑の太字になっている部分です。

地下だから涼しい!信号もないのでノンストップ!
何より人が少ないので、ストレスが少ないですよ
ほらこの通り!

このまっすぐな道が
地下鉄海岸線
(三ノ宮・花時計前⇔旧居留地大丸前)

間で
続いているのです。
かんたんにいえば
国際会館から神戸大丸まで一直線でいけちゃうんです


この通路、
壁の両脇に
神戸を象徴する絵や写真が
キレイに配置されています。





昔の神戸の写真や神戸らしい港の写真などが
美術館のように
飾られており
楽しいですよ



ねっ いいでしょう

写真で神戸満喫

人ごみの中
ウインドーショッピングもいいですが
たまにはこんな人っ気のない通りを
歩いてみるのもいかがでしょうか??


by キャメロン
[2007/05/14 15:25 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
第37回神戸まつり

みなさん!神戸は今あっついですよ

今年で37回目を迎える
神戸まつり
11日から始まりました

昨日、12日のメインフェスティバルでは、
恒例のお祭りパレード
サンバストリートに加えて、
市民提携型のイベントがいっそう多彩に

すごい人だかりの中
キャメロンがリポートに行って参りましたので
ではでは、さっそくその様子をごらんください


神戸そごう前のおまつり広場です
神戸の特産品?やら
おいしそうな屋台が立ち並んでいました
五平餅を立ち食いしました



こちらはトルコのアイスクリーム
このアイス、びよーんとのびるんです。


来年開催される★姫路菓子博2008★
マスコットキャラクター
ひめかちゃんもお目見えです。


▼おまつり広場ステージでは
広沢タダシさんが登場
爽やかな歌声がすてきでした




キャメロンが楽しみにしていた
おまつり大通り
(フラワーロード〜三ノ宮中央通り)
です


ちびっこたちが
魅せてくれましたYO
▼こちらはパイレーツオブカリビアンの海賊衣装で登場


▼フラチーム


阿波踊り隊


そしてそして
神戸まつりといえば
これでしょう

▲サンバです
派手な衣装とのりのりダンスで
楽しませてくれました!

サンバ!サンバ!!サンバ!!!



大通りの最中にある神戸朝日ビルでは
特設イベントとして、
ジャズライブが

普段からライブハウス等で活躍されている
方々の演奏というだけあって、
堂々のかっこよさでしたーー
9人の女性シンガーが代わる代わるソロで歌ったり
全員で歌ったりと豪華なステージ!
1時間はあっというまでした!




▲大道芸人の姿も
子供たちから握手をせがまれる
人気者のあしながおじさん



こんなふうに
どこもかしこも
大盛り上がりでした
やっぱりおまつりは楽しいですね!
活気ある神戸の姿をみて
元気をたくさんもらいました

神戸まつりは
20日まで、9つの区ごとに各地
様々なイベントが催されます
ぜひチェックしてみてくださいね by キャメロン
[2007/05/13 14:09 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
神戸まつりは、これ!(店長的見解)



さぁ、さぁ

神戸まつりですよ    

第37回 神戸まつり

爽やかな空の下、パレードやステージなど楽しい催しものが
ある中、私の中では このように なりますわ



神戸まつり食のまつり 



そりゃ、もぉぉぉ
あるわ、あるわ・・・お肉から、お酒から、お菓子・・・
もちろんコーヒー デザートまで
んも〜〜〜よ・り・ど・り・み・ど・り


会場は「おまつり広場」と称される、普段は車で通る
そごう横の大通りです。両側にテントが続きます。

そんな中、本日は嗜好的に絶賛ものを発見










神戸水産物卸共同組合・神戸おさかな普及協会さん
「はもコロッケ」
「ほたてコロッケ」
「明石小蛸コロッケ」

もう、その名前だけでクラクラ した私・・・。












JA神戸北女性会さん
これまた 野菜 が超お買い得種類多く
一束100円多し
最近、マイブームのルッコラを入手。

「Smile in KOBE えがおがあつまる」 と
今年のポスターにあるそうな。


確かに確かに多方面から笑顔になれる
神戸まつりなり

BY 店長
[2007/05/12 16:10 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
★関帝廟(かんていびょう)★
皆さんこんにちはタンポポです

本当に最近暑いですよね
タンポポはもうパジャマが半そで短パンになっちゃいました

そんな暑い中行ってまいりました
鮮やかなお寺関帝廟(かんていびょう)へ

みなさんご存知でしたかっ
阪急花隈駅を降りて山側へ歩くこと10分
こんな鮮やかなお寺があるのです

これが中国の雰囲気が色濃く漂う「関帝廟」(かんていびょう)
三国志の英雄である関羽(かんう)を祀ったお寺で、
商売の神様として華僑から親しまれています
参拝自由とのことなのでさっそく中を覗いてみましょう
入ってすぐ門の上を見てみると…

見てくださいこの鮮やかな色使い
とってもキレイですね〜
そしてこの山門をくぐるともう一つの門があります

これは台湾檜の一刀彫で、黄河龍門の鯉が龍になる
故事になぞらえ台湾で作られたそうで
別名「登龍門」とも言われてるんですって
かつて試験で合格した者だけがこの門を通って
出世するからなのだそうですが
この言葉こんなところから来てたんですね

もっと近くで見てくださいすごいです

迫力満点
その登龍門をくぐり、本堂を見上げると
宝玉をつかんでお互いにらみ合っている
一対の青龍の像がこれらを見ると
幸せになる言い伝えがあるそうですょ

幸せになれますように

そして左に目をやると

四阿の擬宝珠を四方にふきおろし、壁がなく
八本の柱だけの雨をしのぐ 休憩所です
詩人、墨客が庭園を望み、心和ませる
憩いの場所とされているそう
「八角亭」や「清心亭」の別名がありますよ
南京町にもあるあずまやだっ

ここで詳しく説明を
神戸に住む約9千人の中国人華僑が信奉を寄せる寺院が
この関帝廟です。 住宅街の中に、朱塗りの柱と
青い屋根瓦の山門が、中国風の雰囲気を醸し出しています。

関帝とは「三国志演義」で蜀の劉備を助けて活躍する
関羽(かんう)のことで、最期は呉の軍に捕らえられて
殺されたという歴史上の人物です
宋代以降、軍神としてまつられるようになり、
信義を重んじ約束を守る人であったため、
財神としても信奉されています
関帝廟は中国には数多くあり、華僑のいる
国々にも彼らの手により建てられています
日本では、函館、横浜、大阪、長崎そして神戸
それぞれ建てられました

旧暦7月13日から16日の盂蘭盆会(うらぼんえ)は、
1年で一番にぎわいます。
「家」を模し、紙と竹で作られた飾り物「冥宅」(みんたく)
には、故人が生前好きだったものや、
欲しかったものをお供えし、祖先があの世で
何不自由なく暮らしてほしいと願って
最終日の夜11時に燃やします。
これは、あの世の門が閉まる12時前に
送り届けるという意味があるそうです。


なかなか知られていない
スポットなんじゃないですか
本当に色彩豊かで違う国に来たみたいでした

青龍の像を見て幸せになりたい方
是非いってらっしゃい

タンポポでした
[2007/05/11 15:37 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
こちら元町交番前

この建物は何かお分かりでしょうか!
じつはコレ交番なんです。


赤いとんがり屋根が目印の
ブラジルの建物をイメージした
元町駅交番です。地図はこちら

旧元町駅交番は昭和15(1940)年に、現在の
位置から少し西のJR高架下に設置されましたが
建物の老朽化が進んだことと、交番の所在地が
わかりにくいという地域の人の声もあったこと
から新築移転に踏み切りました。 そして今年
4月に、隣接する三四交番を吸収し、100?
以上の敷地を持つ神戸の玄関口にふさわしい交番
としてデビュー。



なぜブラジル風の建物になったんでしょうか??
神戸となにか関係があるのでしょうか



あるんです
知っ得!神戸は開港以来、
「人」「もの」「文化」を世界から
受け入れる窓口としての役割を果たす
とともに、数多くの海外移住者を通じて
約25万人のブラジル移民が神戸港から
旅立っています。
 昭和3(1928)年3月、諏訪山の
ふもとに建設された「国立神戸移民収容所」
(後の神戸移住センター)では、全国から
集まった移住者が出発までの数日間を
過ごしました。そして、新天地への夢と理想、
惜別と哀愁などさまざまな思いを胸に、
神戸港へ向かったのです。

昨年12月には、JR元町駅南東広場に
「海外移住のモニュメント」
が完成

モニュメントありました!!
from KOBE to the worldという刻字が。


中央幹線沿いの花壇には「イペー」という
ブラジルの木が植えられました。
交番だけでなくこのエリア一帯を
ブラジル色の濃い空間に・・・
ということだったんですね

屋根の塔屋を飾る
美しいブルーのステンドグラス
ひときわ目をひきますが、これは港に
たどり着いた移民たちがまず目にする海・・・
太陽や月の光を反射し、
新天地への希望をたたえた
の輝きを表現しています!

窓の色にもちゃんと意味があったなんて

この屋根の部分は
JR元町駅のホームからもよく見えます。######



交番内には署員と気軽に話せる
コミュニティルームを備えているほか、
点字ブロックや自動ドア、車椅子で
利用できるトイレ♂♀を装備。
外観だけでなく施設も
「モダン」になっています

いままで何度かみてきた建物だったのに、
見過ごしていましたね・・・

皆さんも
お近くを通ることがあれば

ぜひたちどまって見てください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日UCCコーヒー博物館におとずれ
コーヒーについて
すこぉし知識が増えたため

おいしいコーヒーが飲みたい今日このごろ
神戸といえば
おしゃれカフェが名物ですよね

神戸元町高架下にあります
Green Coffee Roaster
巷では有名なぜならば
ここのマスターは、ジャパンバリスタチャンピオン
チャンピオンシップ サイフォン部門で
2001年と2004年に2度
優勝しているんですって




こーれーは楽しみ!
いざ出陣!
と はりきって参りましたが
定休日でした

うそーん
悔しいので、明日また来ます!!!
次回乞うご期待
チャンチャン♪



by キャメロン

[2007/05/10 12:55 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
UCCコーヒー博物館?
こんにちは
昨日今日と、あっついですね
夏みたいです
突然の暑さにうろたえるキャメロンです

皆さんもお体には十分
気をつけてくださいね





前回書いたUCC博物館の第二弾をお送りします。
→4/28の日記を読む

資料室を出て、ゆっくり展示室を見ようと思ったら・・・
結構お客さんは少なくて、というか、ほぼ貸切気分
ラッキー


▲脱穀機
こちらはジャマイカの珈琲農園で使用されていたもの
らしいです。とても年季を感じました

展示室2では
コーヒーを育てる(栽培)をテーマに
種まきから収穫・出荷まで、コーヒー生産国で
大切に育てられている様子が学習できます。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


あれ誰かいる!!
しかもまったく動かないで、真剣に何かを見てる


と思ったら現地で働く人たちを復元した銅像でした
↓このおじさん


ほかにも銅像が3人ほどいました(ÙωÚ;)
この人は豆を鑑定中・・・
薄暗い照明でこんなリアルな銅像いたら
そりゃ間違いますよ

▲農作物から商品に変わるコーヒーは鑑定で等級や格付けをされる。
決めるのは、カップテスター。きびしいけれど、
男たちのやさしいコーヒーへの愛がある!



展示室3ではきびしい鑑定ののち、
コーヒーは国際商品として取引され、
世界へ旅立っていく様子を紹介しています。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



世界のコーヒーカップコーナー

エスプレッソ用(?)の小さいサイズの
カップ&ソーサーがずらり
すごいかわいかったですよ

展示室5では、コーヒーの楽しみ(文化)
をテーマにおいしく飲むための入れ方や、
コーヒー器具、カップなどを展示。
焙煎器なども置いてありました。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


展示室を全部見終わると、
こんなかわいいマスコットが

マメゴン


かわいいーーーーー!!!
身長60センチくらい
珈琲の豆onlyで作られているおちゃめな怪獣くんです
その名も豆ゴン!
そのまんまじゃないですか

とにかくコーヒー!コーヒー!コーヒー!
コーヒー満載の博物館でありました
1階には
コーヒー専門のカフェ
コーヒーの原型といわれているトルコ式のターキッシュコーヒーなど、
世界各国のコーヒー約40種がそろっています。
豆の産地だけでなく、ヨーロッパのエスプレッソ、
カフェ・ラ・テなど世界各国のコーヒーの飲み方
が楽しめるのもここの特徴です。

コーヒー好きの方にはたまりませんよね


狭い館内ながら大充実の内容でしたので
ここはかなり満足できました。
神戸の新おすすめスポットとして
推薦いたします


by キャメロン

▲UCC製品の一覧
長い歴史の中、研究を重ね、つくりだした製品達には自信があります。

[2007/05/09 15:02 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
幻想的な神戸・湊川神社

昨日仕事が終わった後、神戸駅すぐにある
湊川神社 に行きました。

目的は

神戸ビエンナーレ・プレイベント
AKIRA HASEGAWA INVITATION
D-K LIVE
2007 5/3[木]〜8[火] 日没 〜 22:00


神戸新聞 WEBニュース

「D-K」とは「デジタル掛け軸」のことだそうな・・・。

湊川神社の鳥居や本殿を、様々な色が行き交い 
異次元空間にワープしたような
雰囲気を醸し出していました。




とにかく、すごかった!!

神社が宇宙を飛び交っているような・・・
いや、それは違うか・・・







日本舞踊 藤間信乃輔 さんの舞も披露されました。

白い衣装の色が、静かでなめらかな動きと共に
移り変わります








最終日の本日は 午後7時〜7時30分
バイオリン演奏 北浦洋子さんも予定されているそうです。

この幻想的な空間に、バイオリンの音色が響きわたる
様子を想像すると、昨日を知っているだけに素晴らしい
湊川神社になると思います・・・が、残念ながら今日は
行けません 

どーぞ、どなたか私の代わりに堪能してきてくださいまし
 

秋に控えた神戸ビエンナーレが、ますます楽しみになって
きました。 

神戸ビエンナーレ



あぁ今年の神戸の芸術はスケールが
             
 大きい 


BY 店長

[2007/05/08 16:08 ] | 神戸 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
らんぷミュージアム?★
皆さんこんにちはタンポポです

今日はこの間したらんぷミュージアム?ブログ
の続きで、

まずはあかりの大革命
ガス灯や電球のコレクションコーナーです
ここで見つけた可愛いランプ

このランプ、すごいんです

このランプ別名「ナイトランプ」と呼ばれる
小型ランプの一種なんですが、
電球の上部の凹みにシナモンや桂皮
などの香辛料の粉や香をのせて
電熱によって広がる香りを楽しむことが
出来るんです


とってもおしゃれですよね

そして文明開化のあかりコーナーへ

なんとここにはあの
アールヌーボーの巨匠 エミール・ガレの作品が


とってもキレイでした
神戸でガレの作品が見れるなんて

このコーナーではたくさんの豆電球も飾ってありました

小さくても一つ一つデザインされていて
とっても可愛かったです

続いてタンポポ感動してしまったコーナー
あかりのミュージアム・ウォークです

神戸旧居留地の街路をイメージした
小さなミュージアムがいくつもある道でした
その小さなミュージアムがとっても可愛くて可愛くて
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

かぐや姫です
かぐや姫が月に帰っていくシーンです
そして

鶴の恩返しです
つるが障子の奥で織っている影が見えます
あとこんなのもありました

雪女です
とってもリアルにあかりで昔話を表現していますよね

タンポポが一番心を惹かれたのが

この銀河鉄道の夜です
とってもキレイでしょ
ここからなかなか動けませんでした

そして最後にあかりの資料室がありました。
そこには

こんなマッチ箱のコレクションがあったり、
パソコンでらんぷミュージアムの事が
調べられたりできましたよ

展示室をでると廊下にこんな可愛いポスターが

昔の電球のポスターなんでしょうか
今見てもとっても新鮮

そしてタンポポは2Fのショップでこんなお土産
買っちゃいました

どこを擦っても火がつくマッチ
かっこいいでしょ

今更ながら、らんぷミュージアムの事について
少しお話しますと…
ランプ収集家として著名な神戸在住の赤木清士氏の
灯火具コレクションを、一般に公開して
社会教育に役立てる事を念願され、
めでたく開館したそうな


スゴイ数ですよね
とっても素敵なコレクションでした
さてそんならんぷミュージアムいかがだったでしょうか

タンポポはとっても楽しかったです
撮った写真を何回も見直しています

オススメスポットらんぷミュージアムでした

タンポポ
[2007/05/07 15:03 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
永沢寺『ぼたん園』。
どうも、こんにちは
べにいもタルトです

『花のじゅうたん』『永澤寺』で遊んだ後は
『ぼたん園』

↓入口で入場料を払います

大人500円、小人200円です

それでは順路に従って歩いていきましょ





まだまだ本番はこれから



↓ちょっとここで左手の風景を見てみましょう

ここは「しょうぶ園」でもあるのですが、
しょうぶの開花時期は6月上旬〜7月上旬のため、
今はまだこんな感じです
時期が来れば、さぞかしきれいな風景になるんでしょうね


さあ、そうこうしてる間に見えてまいりました。
ここをくぐって、




ぼたん出現っ




もっと寄って見てってくださいな



きれいです。





ふぅ、一気に駆け抜けましたが、
『ぼたん園』はいかがでしたでしょうか?


楽しんでいただけましたか?
少しでも楽しんでいただけたのならうれしいです

ちなみに永沢寺周辺は携帯電話が
「圏外」を表示してました
でも、忙しいあくせくした毎日を過ごしているときこそ、
こういうところに行ってみるのもありかもしれませんよ

空も青いですしね


それでは、またいつかお会いしましょう
See you


by べにいもタルト
[2007/05/06 12:27 ] | 阪神 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
永澤寺で御参りを。
みなさん、こんにちは
べにいもタルトです

さ。昨日の続きですよっ

『花のじゅうたん』を後にして、
次は永澤寺(ようたくじ)さんへ。

関西花の寺第11番霊場の永澤寺
地名は「永沢寺」で、お寺は「永澤寺」って書くんですねぇ

それでは早速、門をくぐって、


本堂へ。


まずは御参りしないといけません。
お賽銭もしっかりと。


ご本尊においのり


観光で来た
おじいちゃんとおばあちゃんもおいのりしてはりました


おっ、かっけぇ




本堂を歩いていると…
仏様の「塗り絵」ができるみたいです。
これはやってみるしかないでしょうっ

「塗り絵」の注意書き


「塗り絵」セット一式


今回は真ん中の絵に挑戦。
久しぶりの塗り絵に悪戦苦闘すること20分。

ついに完成っ

童心に返りましたね
色のセンスはほっといてください

完成させてお坊さんに渡すと、
お土産がもらえます

中身はヒミツです


本堂を出て…
うわっ、なんだあれ
金ぴかの像を発見


みんなが像のお腹をなでていたので、
なでちゃいましたてへ


ここまできたら
お寺の鐘もついておきましょう。

ゴーン
響き渡りますねぇ


最後はやっぱりお土産を買わないとね
と、ひときわ目をひくものが

永澤寺オリジナル「禅」Tシャツ

買っちゃいました


と、めちゃくちゃ楽しい永澤寺
みなさんも一度、行ってみてください。

ここも空が青いよ


では、また


by べにいもタルト
[2007/05/05 11:36 ] | 阪神 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
花のじゅうたん
はじめましてべにいもタルトです

今回、三田市永沢寺に行ってきました
見てください、このスローライフな感じをっ



空もすっごく青いんです


田んぼでカエルが鳴いてました


永澤寺近くにお茶工場があって、歩いているだけでお茶のいい香り



まず向かったのが『花のじゅうたん
芝桜がすごくきれいらしくて楽しみです

入口↓


入場券を購入して、入ります。
大人600円、小人300円です。

おっと、早速目の前に芝桜の花壇がありました。

きれいですけど、まだまだあるはず。

と、一面に広がる芝桜っ
ここからは画像でお楽しみ下さい♪







寝っころがりたくなりますよね

今度は寄りで見てください。

おっ、地面にも『花のじゅうたん』の刻印がっ
凝ってますね

まだまだどうぞ。




きれいですねぇ、感動しました
ここにはいろんな品種の芝桜が咲いているようです。
ほら↓








傍目には一種類に見えても、
いろんな種類が咲いているですね。

いかがでしたか?『花のじゅうたん』。

また明日もあるので今日はこのへんで
お楽しみに〜


BY べにいもタルト
[2007/05/04 12:44 ] | 阪神 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top
神戸らんぷミュージアム
こんにちはタンポポです

最近はもう暖かくなって紫外線が気になりますよね
こそこそと影ばかり歩くのはタンポポです

そんなタンポポは最近、
照明文化における貴重なコレクションを通じて
灯火器の変換を楽しみながら学べる
あかりの博物館らんぷミュージアム
へ行ってきました

旧居留地の真ん中にそびえたつ
「クリエイト神戸」ビルの2F3Fに
ミュージアムカフェ・ショップ・展示室
がありました

ここはあかりの原点「火」から
あかりを持続させる知恵ろうそく
西洋と日本の文化が混合した近代ならではの
灯火器、長時間明かりを灯すことが出来る
ガス灯や電灯

「あかり」の歴史を展示していました。

受付を済ませて展示室に入ってすぐ目にした
のが、丁度やっていた和紙のあかり展です

とってもきれいな照明がたくさん並んでいました
その中で、タンポポが気に入ったこの作品

かぼちゃのような照明でとっても可愛い
お家に飾りたい一品ですよねっっ

こんな変わった照明もありましたよ

オシャレで家具とコーディネートするのが難しそう

和紙のコーナーを存分に見た後、次は
一番古いあかりのコーナー火です

ここではをおこすのに使われていた道具などが
置かれていて、昔の人々はこれをよく考え付いたなぁ
と関心しました
人間ってスゴイ
「ひでばち」「松明」「篝火」などが
展示されていました

そして次のコーナーはあかりを灯す知恵
のコーナー
「灯台」「無尽灯」「ねずみ短檠(たんけい)」などの
灯油用の灯火器を展示していました

この「ねずみ短檠(たんけい)」はすごいんです

桃山時代から用いられていると伝えられている
そうなんですが、中国から伝来されたものではないか
という説もあるとか
鼠灯台、鼠燈とも称されを燃料とした
灯火器で、台の上に乗っている鼠の形状をした
中の灯油(菜種油)が、油皿の灯火が燃焼して
減ると空気の作用で鼠の口から油が滴り、
自動的に補給するという画期的なもの

茶の湯が盛んな頃、これを用いて夜話の茶事
などが催された記録もあり、今日でも当時の
逸品を求めて愛好者が絶えず、復元されたものも
数多くあるようです

そしてここでは
江戸期の明かり情景展示コーナーなるものが
あり、江戸期の人々がどんな明るさで
暮らしていたのかを再現している
スペースがありました

とっても薄暗く、でも落ち着いた雰囲気が
出ていました

続いてはろうそくの明かり

「燭台」「手燭」「提灯」など
ろうそくを使う灯火器を展示していました。
ろうそくの作り方なんかも紹介していましたよ
ろうそくのあかりは女の人をキレイに見せてくれる
らしいですよヒヒ

ここまでささっと紹介してきましたが
よく考えてみるともし最初に火を発見できて
いなかったら食事のスタイルも変わっていて、
それはきっと不便で…
と考えていると火を発見してくれて
昔の人ありがとうですよね

続いて明かりの大革命!
神戸らしい素敵な
ガス灯や電球のコレクションコーナーを紹介
しようと思ったのですが
今日はこの辺で

らんぷミュージアム第2弾近日
お見逃しなく


タンポポでした
[2007/05/03 12:02 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
神戸のピロシキ

インターナショナル色が濃い神戸では、外国の食べ物は
日常的に目に口にしやすく、それはとってもとっても
神戸の魅力のひとつです。


そして・・・私の食の記録に、また新たなる名詞が
加えられました

ピロシキ です。


先日、生まれも育ちも神戸の女性から
「ピロシキは美味しい  」「お買い物も楽しい  」
とゆー話を聞きました・・・。

早速その仰せに従い、ミント神戸すぐ近くのピロシキを
売っているデパートへ・・・。

なるほど・・・人気のほどが窺えます 列ができていて
パーテーションで待ち導線が作ってある




神戸牛や淡路のたまねぎなど、地元の素材を使用し
揚げてあるとのこと。生地は牛乳で練ってあり
具は、21品も入っているそうな・・・。

神戸ビーフ

淡路がいちばん / たまねぎ


具にはチーズが入っていて風味豊か
具もさることながら、外側がとにかく美味しい


これは、秘訣があるらしい・・・。
それが「お買い物も楽しい 」のところ

発酵中にチャイコフスキー ”花のワルツ”を聴かせて
いて、練るときはその音楽に合わせて 踊り 
ながら作り、売っていらっしゃいます。
実演販売とゆーものですね。

ズンチャッチャ ズンチャッチャ ズンチャッチャ
リズムに合わせて練られ、揚げられ売られるピロシキは
舌・胃袋・目・耳などの感覚器に強い印象を残してくれました。


あぁ 神戸の食 は楽しい

BY 店長



[2007/05/02 16:15 ] | 神戸 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。